[ios] Xcode 6 - アドホック配布用の署名証明書/プロビジョニングプロファイルを選択する方法


8 Answers

私はApp Storeに提出する際に同様の問題がありました。 私はアーカイブを作成し、 "submit"をクリックしました.Xcodeは、既に持っていた明示的なプロファイルではなく、デフォルトの "XC com。*"ワイルドカードプロビジョニングプロファイルで自動的に署名したかったのです。

これを修正するために、Apple Developer Portalでプロファイルを再生成しました。

1)developer.apple.comにアクセスし、使用する配布プロビジョニングプロファイルを見つけます。
2)それを選択し、「編集」をクリックし、プロファイルの名前を変更して、「生成」をクリックします。
3)プロビジョニングプロファイルをデスクトップにダウンロードし、Xcode 6アイコン上にドラッグします。
4)Xcode 6を再起動します。
5)オーガナイザーウィンドウを開き、作成したアーカイブで[Submit]をクリックします。 Xcodeは一般的なプロファイルではなく、明示的なプロファイルを自動的に選択します。

Question

テスターに​​アプリを配布するには、Xcodeを使用します。これは次のプロセスを使用して行います:

  • アーカイブアプリケーション
  • Ad-Hocのために配布する
  • プロビジョニングプロファイルの選択
  • .ipaをフォルダに保存する

しかし、 Xcode 6では、このワークフローが少し変更されました。 Ad-Hoc配布オプションは選択できますが、必要なプロビジョニングプロファイルを選択することはできません。 これにより、どの署名証明書が使用されているか、プロビジョニングプロファイルの設定(プッシュ通知を使用しているか)を制御することはできません。

デフォルトでは、 iPhone distribution署名のアイデンティティが使用され、 XC Ad Hocプロビジョニングプロファイルが生成されます。これは、以下の画像で確認できます。 プロビジョニングプロファイルの近くの矢印をクリックすると、プロビジョニングプロファイルを含むフォルダが開きます。

だから私の質問です:

Ad Hocディストリビューションで使用されるプロビジョニングプロファイルをXcode 6で選択する方法はありますか?

ありがとう!




xcode 7で、私はアドホックなプロビジョニングを選択することができませんでした

オーガナイザ - > App Store&オーガナイザにアップロード - >検証

しかし、私はオーガナイザ - >エクスポートを選択することができました

編集:

adhocをtestFlight用のアプリストアにエクスポートした後でアプリをアップロードすると、 here説明しhere別の問題が発生しhere 。 したがって、これらの問題の両方に対する解決策は1つです。 AppStoreプロビジョニングを作成して、オーガナイザを使用して選択し、appstoreにアップロードしてtestFlightを利用できるようにします。




私はこれに対応するための回避策があります。

私はXcode 6とXcode 5.1.1の両方をインストールしており、Xcode 6はアプリケーションにあり、Xcode 5.1.1は別のディレクトリにあります。 ビルドをしたいときは、Xcode 6を使ってアーカイブを作成します。 しかし、作成したアーカイブをXcode 5.1.1で見ることもできますので、Xcode 5.1.1を使用して、使用したいプロビジョニングプロファイルを使用してAd Hoc .ipaを配布します。 したがって、Xcode 6を使用してビルドしますが、Xcode 5.1.1を使用して配布してください。




私はこれでしばらくの間立ち往生していましたが、 Crashlyticsを使って解決しました。あなたのXcodeプロジェクトのビルド設定で、選択したプロファイルを使ってビルドをビルドしました。

それが誰かを助けることを望みます。




実際、Ad Hoc展開に固有の新しいDistributionプロファイルを作成する必要があります。 これはクラシックメンバーセンターにありますが、新しいタイプの証明書です。

開発者プロファイルと同じように、アプリケーションのテストに使用できるデバイスを選択できます。

また、オーガナイザーから通常の方法でパッケージをエクスポートすると、新しく作成された証明書が利用可能になります。

また、iOS 8でAppleが提供するTestFlightソリューションを使用して、ユーザーがプレリリース版にアクセスできるようにすることもできます。




前回作成されたプロビジョニングプロファイルが今のところ勝ったようです。 したがって、必要なプロファイルを再生成してダウンロードするだけで、Xcodeがそれを使用します。

やや優れたアプローチ:ターゲットに必要なプロプロファイルを設定し、コマンドラインを使ってipaをビルドします。これも機能します。

ここでスクリプトは、私が使用している:

#!/bin/sh

# Current as working as of 2014/09/22
# Xcode 6

OUTPUTDIR="$HOME/build"
APPNAME="your-app"
SCHEME="your-app"
APP_WORKSPACE="$HOME/Path/To/your-app.xcworkspace"

rm "$OUTPUTDIR/$APPNAME.ipa" #deletes previous ipa
xcodebuild -workspace "$APP_WORKSPACE" -scheme "$SCHEME" archive -archivePath "$OUTPUTDIR/$APPNAME.xcarchive"
xcodebuild -exportArchive -exportFormat ipa -archivePath "$OUTPUTDIR/$APPNAME.xcarchive" -exportPath "$OUTPUTDIR/$APPNAME.ipa" 

私の設定:




xcode 6は、アドホック用にエクスポートを実行するときにXcode 6(少なくとも6.1を使用しています)では、開発者アカウントに登録されているすべてのデバイスが含まれているプロビジョニングプロファイルがあり、同時にバンドルIDと一致する。 いいえの場合は、XCプロビジョニングプロファイルを使用します。 したがって、たとえばプッシュ通知の目的で独自のプロファイルを使用する場合は、Apple開発者ポータルでプロファイル内のすべてのデバイスを選択する必要があります。 私はそういうわけで、プロフィールを作り直す人がいて、そうでない人もいます。

btw、useスクリプトはtestflightにエクスポートしてアップロードできますが、デバイスはダウンロードできません。 おそらく私は間違っていた。 なぜ誰かがそれが分かっているなら、plsは私に知らせる。 TKS




@MrPatolからの答えは私にとってはうまくいかなかった。 Xcode 6.3.2の私の作業シナリオ

メンバーセンター - > iOSプロビジョニングプロファイル

  • アプリをビルドしようとしたときにデフォルトで設定されていたプロビジョニングプロファイルを削除します(例: "XC ...")。 短い名前のアドホックプロビジョニングプロファイル(本番ではなく)を作成します。

iPhone設定ユーティリティー - >プロビジョニングプロファイル

  • 同じプロビジョニングプロファイルを削除する(例: "XC ...")

Xcode - >オーガナイザ

  • アドホックビルドを選択し、[エクスポート...]をクリックします。[アドホック展開用に保存] - > [次へ]を選択します。
  • ドロップダウンから組織を選択する
  • 新しいアドホックプロビジョニングプロファイルが自動的に選択されていることを確認します
  • 前と同じように.ipaをエクスポートして保存します。



特定の質問に答えて、使用するプロビジョニングプロファイルを選択する方法はありません。 あなたは何をしようとしていますか? (つまり、選択したいプロファイルによって自動的に生成されたプロファイルは許可されません)




Related