[linux] Amazon Cloud ServerでのFTPの設定



Answers

EC2サーバでパッシブftpを有効にするには、ftpサーバがインバウンド接続に使用するポートを設定し、ftpクライアントデータ接続に使用可能なポートのリストを開く必要があります。

私はLinuxに精通していませんが、あなたが投稿したコマンドは、ftpサーバをインストールし、ec2ファイアウォールルールを(AWS APIを介して)設定し、ec2ファイアウォールで許可したポートを使用するようにftpサーバを設定するステップです。

この手順では、ftpクライアント(VSFTP)をインストールし、

> yum install vsftpd

これらの手順では、ftpクライアント

> vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
--    Add following lines at the end of file --
     pasv_enable=YES
     pasv_min_port=1024
     pasv_max_port=1048
     pasv_address=<Public IP of your instance> 
> /etc/init.d/vsftpd restart

他の2つの手順は、EC2セキュリティグループの下でamazonコンソールを使用する方が簡単です。 ポート20,21、および1024-1048での接続を許可するように、サーバーに割り当てられているセキュリティグループを構成する必要があります

Question

私はAmazon Cloud ServerでFTPを設定しようとしていますが、運が悪いです。 私はネットで検索し、具体的な手順はありません。

私はそれらのコマンドを実行することがわかった:

$ yum install vsftpd
$ ec2-authorize default -p 20-21
$ ec2-authorize default -p 1024-1048
$ vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
#<em>---Add following lines at the end of file---</em>
    pasv_enable=YES
    pasv_min_port=1024
    pasv_max_port=1048
    pasv_address=<Public IP of your instance>
$ /etc/init.d/vsftpd restart

しかし、私はどこにそれらを書くか分からない。




素晴らしい記事... Amazon Linux AMIの風のように働いた。

2つのより有用なコマンド:

デフォルトのFTPアップロードフォルダを変更するには

ステップ1:

edit /etc/vsftpd/vsftpd.conf

ステップ2:ページの下部に新しいエントリを作成する:

local_root=/var/www/html

FTPデバイスを使用して管理できるように、フォルダの下にあるファイルに読み取り、書き込み、削除の権限を適用するには

find /var/www/html -type d -exec chmod 777 {} \;



次のコマンドでユーザーをグループwwwに追加するまでは、大丈夫ではありません。

sudo usermod -a -G www <USER>

これは許可の問題を解決します。

これを追加してデフォルトパスを設定します:

local_root=/var/www/html



FileZilaは、Amazon Cloudでセットアップするための優れたFTPツールです。

  1. https://filezilla-project.org/からFileZilaクライアントをダウンロードしてhttps://filezilla-project.org/
  2. [ファイル] - > [サイトマネージャ] - >
  3. 新しいサイト
  4. あなたのアマゾンクラウドロケーションのホスト名IPアドレスを提供します(存在する場合はポート)
  5. プロトコル - SFTP(要件に応じて変更される可能性があります)
  6. ログインタイプ - 通常(システムは毎回パスワードを要求しません)
  7. ユーザー名とパスワードを入力します。
  8. 接続します。

これらの手順を1回だけ実行する必要があります。後で同じIPアドレスと同じサイトにコンテンツをアップロードします。




私はclone45のステップを単純化しました:

彼が言及したようにポートを開く

sudo su
sudo yum install vsftpd
echo -n "Public IP of your instance: " && read publicip
echo -e "anonymous_enable=NO\npasv_enable=YES\npasv_min_port=1024\npasv_max_port=1048\npasv_address=$publicip\nchroot_local_user=YES" >> /etc/vsftpd/vsftpd.conf
sudo /etc/init.d/vsftpd restart



私はクローン45の答えを最後まで辿った。 素晴らしい記事です! 私はWordPressのサイトにプラグインをインストールするためにFTPアクセスが必要なので、ホームディレクトリを/ var / www / mysitenameに変更しました。 それから、私はftpユーザを次のようにapache(またはwww)グループに追加し続けました:

sudo usermod -a -G apache myftpuser

その後、私はまだWPのプラグインのインストールページでこのエラーを見ました: "WordPressのコンテンツディレクトリ(wp-コンテンツ)を見つけることができません"。 wp.​​orgのQ&Aセッションでこのソリューションを検索して見つけました: https://wordpress.org/support/topic/unable-to-locate-wordpress-content-directory-wp-content ://wordpress.org/support/topic/unable-to-locate-wordpress-content-directory-wp-contentそしてwp- config.php:

if(is_admin()) {
    add_filter('filesystem_method', create_function('$a', 'return "direct";' ));
    define( 'FS_CHMOD_DIR', 0751 );
}

この後、私のWPプラグインは正常にインストールされました。






Related