DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


合板

合板はごく初期の木材工学による製品なので、薄板材の原点と考えられます。多様な規格と仕上げがあり、各種の組み立て材に向いています。製造工業・建築材・DIY用材・作り付け家具内装の表面材(枠材)などがその例です。効率よく作れるので、極めて安価な木材です。

特徴

合板はベニア(薄板)の木目方向を直交させて重ね、耐水性の樹脂接着剤で貼り合わせてからをかけて圧着します。ベニアの材料にはベイマツ・ポプラ・カバカゞよく使われます。板は衝撃(および十字引っ張りと斜め方向の引っ張り)に極めて強く、軽量で、一般的な道具と機械で簡単に加工できます。湿気にさらされても形質の安定性が高く、普通は乾燥すれば元の厚さに戻ります。ベニヤや接着剤、処理法によって屋内用と屋外用にランク付けされます。たとえばマリン合板やWBP(防水・耐煮沸)合板は熱処理と加圧処理が施され、耐水性が向上しています。ごく薄いハイグレ-ド合板(フレキシプレ合板)は一方に曲げることができます。

用途とメンテナンス

合板は昔から建築材、デッキ材、フレ-ム材として用いられています。現在は本来の性状を隠すのではなく強調するような、素材がそのまま見えるような状況でも利用されます。見た目の差が非常に大きいため、必ず1枚ずつ吟味して選ぶようにします。ノコギリで切る・サンディンクする・ドリルで穴を開ける・釘を打っ・接着剤で貼る・仕上げを施すなどの加工が可能で、棚・家具・パネル用にも使われます。キッチンのカウンターにも向いています。サンディンクして形を整えれば、縁に積層構造が見えてとても印象的なカウンターになります。ただし、露出している面はすべて丈夫なニスで仕上げる必要があります。寿命を延ばすため、ペイントかスティン、ニスでどの面も残さずシールします(塗りを重ねる際は次のコーティングをする前にサンティンクします)。可燃性なので構造材として使う際は保護策が必要です。傷ついたらサンディンクして再仕上げをすれば補修できます。

安全性と環境性

ほとんどの合板は育成林から伐採された木材で作られ、認証機関のマ-クがついているはずです。ベニアは丸太のカーブにそって皮をむくように切削して得るため、無駄を最小限に抑えて原木を有効利用できます。

入手先

材木店やホームセンターで手軽に入手できます。

仕様

通常サイズの板は1,220X2,440mm、厚さは数mm刻みで4~25mm。 等級によっては最大1,220X3,000mm、厚さも標準より厚いまたは薄いものもあります。