DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


パーティクルボード

パーティクルボードはチップボードとも呼ばれ、低価格でべーシックな粗材です。 木のチップを板状に成形して作られます。実用第一の素材で、パーティクルボード自体が仕上げ材や表面材として使われることはまずありません。建築産業および家具メーカーでフレーム材や基材に用いられるのが普通です。成形済みの棚材やワークトップに使われる積層材や化粧板の下地としても利用されます。

特徴

パ-ティクルポードは木のチップを合成樹脂接着剤で固め、熱圧成型して作ります。ノーマル・ミディアム・高密度の等級があります。加工処理をして、難燃性や耐湿性を持たせてあるタイプもあります。特別な加工処理をしたものは別ですが、どの等級も湿気に弱く、水分を含むとふくらんで壊れます。引っ張り強度に優れ、衝撃にも強い素材です。乾燥した環境であれは耐久性も抜群です。表面と側面、縁も目か粗いのが特徴です。

用途とメンテナンス

最もハイグレードの耐湿パーティクルポ-ド以外は、どれも屋内での用途に限られます。他の仕上げ材の下地向きの安価な素材で、メラミンでラミネートしてニ次成形し、キッチンのカウンタートップなどに用います。化粧板を張って組み立て家具の材料にすることもよくあります。骨組みや、ラフな仕上げが求められる棚材に用いられたり、糊付きヒニートでカバーして、ごく廉価な棚やパネル板にすることもあります。さねはぎ継ぎ板に加工して床材に用い、木製の浮き床やカーペット敷きの下地に使うこともできます。スを塗って壁板にし、シンフルながら丈夫な木壁を作るアイディアも考えられます。表面がラフで吸収性があるため細かいペイント作業には向きませんが、防水ペイントを塗って水分を吸いにくくする手もあります。安全性と環境性:ほとんどのパーティクルホ-ドは育成林の木材から木を無駄なく活用して製造され、認証機関のマークが付いています。

入手先

材木店や建築資材センターで、板材やプレカット材、メラミンや単板を張った棚材か容易に入手できます。キッチンや組み立て式家具のメ-カーの製品にも利用されています。

仕様

1,220X2,440mmの標準サイズの板は、通常厚さ18または22mm。 ラミネート加工のカウンタートップは幅600mmまたは900mm、厚さ40mmo