DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


集成材

集成とは角材を小幅の板に切削してつなぎ合わせる過程を指し、接着剤で圧着して、平らな板にすることも、クランプ(締め付けること)して成形することもできます。また蒸気に当て、型を使って様々な形にしたり、建具師や家具メーカーにオーダー品を依頼することも可能です。自由な発想で色を選んだり曲げたりして、家具やキャピネットの部品に利用してもよいでしよう。

特徴

集成材は弾力と強度を兼ね備える製品を作るのが容易で、ムク材から切り出すと壊れやすかったり無駄が出る形に加工するのに理想的な素材です。種々の木を集めて層状に配置し、表面の色やテクスチャーにバリエーションを持たせることもできます。下地の構造強度があれば模様は表面だけ整っていればよいので、小さな木片も活用されています。強度とテクスチャーは材料となる木の種類によって変わります。

用途とメンテナンス

集成材は、家具の曲がった部分やカウンタートップの縁を仕上げる専門的な化粧板に使われるのが普通です。木材の種類を違えて集成した素材は、美しい木ロ(断面)を棚板やカウンタートップ、羽目板のトリム(またはノージング)に利用できます。そのまま見える木口については、滑らかで耐久性のある保護層を作るため、サンディングとシールが必要です。集成材は曲げ加工が可能なので家具製作に幅広く取り入れられ、不規則なフォルムや滑らかなカーブを持つ製品が作られています。木製品に共通することですが、集成材も寿命を延ばし、変色を防ぐためにすべての面をシールする必要があります。適するシーラントは材料の木材と用途によって異なります。またケアおよびメンテナンス 法はシーラントや仕上げによって違います。

安全性と環境性

集成材の材料は育成林から得られた木材で作られているはずで、その場合認証機関のマークが付いています。

入手先

集成材は必要条件に合わせて自作することができます。材料と化粧板は材木店や造作部材専門店で入手できます。

仕様

特定の目的やデザインに合わせて、多種多様なサイズに作られます。