DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


MDF

MDFは中密度繊維板(medium-densityfiberboard)の略語です。費用効率に優れた板材で、細かい木のチップを接着して作られる均質な木製品です。加工しやすく、その滑らかな表面は特にペイント仕上げに適しています。木工品のハンドメイドと、ハイテクを活用したマスプロ品の生産、どちらにも向きます。

特徴

細かい木繊維に合成樹脂接着剤を加えて熱圧し、平らで丈夫な、節のない板材に成型したものがMDFです。滑らかで木目のない表面は化粧板や積層板に、また専門的なペイント仕上げに理想的です。とても密度が高く、分厚い板は相当な重量があります。手作業でも機械でも切削・ドリル・ヤスリ加工が可能ですが、接着剤の含有量が高いのですぐに道具がなまってしまいます。ノコくずは非常に細かく吸い込みやすいため、作業は必ず換気の良い場所でマスクとゴークルをつけて行います。パーツは釘・ネジ・木工ポンド・ダボで接合できます。MDFは湿気を吸いやすく、そうなるとふくらんで壊れます。防水加工済みの等級でも頻繁に水がかかるような状況では使用に難があります。

用途とメンテナンス

MDFは主に羽目板や収納ユニットの骨組みおよびキャヒネット部材に用いられます。板材のほか、幅木やトリムなどのモ-ルティングの形でも入手できます。薄手で溝の入ったパーツはべンディ(bendy)MDFと呼ばれ、カープしたユニットに用いられます。MDFはユリアホルムアルテヒドを放出するので、どの面も残さすべイントかニスでシールしなければいけません(ワックスやオイルは不可)。油性と水性、どちらのペイントやニスでも塗れますが、吸い込みを防ぐため下塗りか要ります。切り口は面部よりさらに吸い込みが大きいのでサンディンクを行い、塗装を重ねる必要があります。

安全性と環境性

MDFは本来なら廃棄されてしまうような小さい木片を有効利用して製造されます。ただし継続的にユリアホルムアルデヒドを放出する(加工中および設置後も)ので毒性があります。加工・仕上げをする際は危険低減のため注意が必要です。国によっては使用が認められていません。

入手先

板材・モールディングともに材木店やホームセンターで容易に入手できます。

仕様

標準サイズは1,220X2,440mm、厚さ4~25mm。 品によっては最大1,220X3,000mm、厚さも標準より厚いまたは薄いものもあります。