DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


硬質繊維板

硬質繊維板(ハードボード)は安価で実用的な板材で、厚さやテクスチャーは様々です。片面のみわすかに艶のある仕上げで、フラッシュドア(表面仕上げが平らなドア)の外装や木製フレームに収められるパネル用によく用いられます。合板ほど強度と耐久性を要しない場合に幅広く利用されます。

特徴

木のチップから抽出された細かい木質繊維とパルプ材の廃棄物から作られる素材で、合成樹脂接着剤で接着してから熱圧して作られます。硬くて均質、平らな板です。片面は目がなく滑らかで艶出し仕上げにな っていますが、裏側はざらざらしています。硬質繊維板の等級にはスタンダード・難燃加工・テンパーポード(強度を上げるためオイルを含ませたもの)があります。手作業でも機械でも切削・ドリル・ヤスリ加工が可能ですが、硬いのでややねばりにかけます。

用途とメンテナンス

細かい木のチップでできているため均質で、木工品のハンドメイドと量産加工のどちらにも向きます。装飾的なラジェ-ターグリルなど、特殊な用途のためにプレス・エンポス・パンチ(穿孔)加工をしてパターンを付けた板もあります。また、表面処理を施した板もあり、羽目板に利用されます。メラミンや化粧板の下地としてもよく用いられますが、専門的で装飾的なペイント仕上げのべースとしても優れています。油性と水性、どちらのペイントやニスでも塗れますが、非常に吸収性が高いのでしつかり下塗りをする必要があります。硬質繊維板は、軽くて硬い素材が求められる一時的な成形用型板(テンプレート)や、家具を動かす際に木床を保護する安価なカバーとして非常に便利です。どの等級も湿気に弱く(処理加工されたものは例外)、水を含むとふくらんで壊れます。

安全性と環境性

硬質繊維板の製造過程では、本来なら廃棄されてしまうような小さい木片が有効利用されます。入手先:板材の形で、材木店やホームセンターで容易に入手できます。

仕様

標準サイズの板は1,220X2440mm、厚さは2~6mmの間。バンチ加工またはテクスチャー仕上げの板の場合、縦横のサイズは同じですが、わずかに厚くなります。