DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


熱可塑性プラスチック

熱可塑性プラスチックは合成石油化学製品をベスにした素材で、実に数多くの種類があります。柔軟な性質を持ち、引き延ばしやプレス、流し込み成型が可能で、各種の家庭用品や工業用に用いられています。熱可塑性プラスチックにはビニール・ポリエチレン・ポリプロピレン、ポリエステル・その他のプラスチックなどがあり、電線の被膜か らクリーニングの楽な床材や壁装材に至るまで家庭内で様々に利用されています。

特徴

熱可塑性プラスチックは柔軟で容易に成形や流し込み成型を行えます。同じ温度でも、プラスチックの種類が違えは素材のTg次第で硬さも異なります。Tgとはガラス転移温度のことで、これ以下だと硬くて砕けやすく、上だと軟化して柔軟になります。添加剤によって性質やTgを変えることもできます。ポリエチレンは最も一般的な熱可塑性プラスチックです。ポリプロピレンは着色か容易で流し込み成型することも繊維の形で使うことも可能です。ポリエステルからは繊維やシートが作られます。プラスチックは引っ張ると伸びるため、引っ張り強度には欠けます。熱可塑性プラスチックは水や日光によるダメージを受けません。

用途とメンテナンス

ポリエチレンは通常半透明の薄いシートの状態で販売され、防水や防風用に使われます。極めて強度が高い製品を作ることも可能で、一時的な保護材(コンクリートの養生用など)はもちろん、永久的な下張り材としても使えます。ポリプロピレンの流し込み成型品はカラフルな収納容器としてよく用いられ、不透明または半透明のものがあります。繊維では人工芝に利用されます。ポリエステル繊維はそのまま、または天然繊維と混紡されて織物になります。ポリカーポネートやアクリル樹脂は飛散防止効果があるのでガラスの代わりとして利用されます。ビニールはタイルやシートの形で床材に広く使われます。弾力かあって足元か暖かですし、クッション材が入っているとさらに快適です。シャワ-工リアやバックスプラッシュ用の壁装材もあり、こちらはよくテクスチャー仕上げやタイル風模様か施されています。

安全性と環境性

熱可塑性プラスチックは化学製品なので生分解しません。

入手先

建築資材取扱店・ホームセンター・園芸用品店・デパート・家具店で購入します。

仕様

配管・排水管・サイディング(外装材)・絶縁材に用いられます。 また成形されて包装材・玩具・家具など様々な日用品に利用されています。