DIY Material

建築の専門家がDIY材料の正しい知識と使い方をご紹介します


グラスファイバー

ガラスの細い繊維をマット状に織ると、柔らかく思い通りの形にできるグラスファイバー製品が出来上がります。グラスファイバーシートはスポーツ用品や自動車用品のボディ部の強化に使われるはか、軽量性・強靱さ・防水性が求められる製品(パスタブなど)や、プレ加工の池用ライナーおよびカスケード(水階段)など多くの屋外の造作に利用されます。

特徴

グラスファイバーは溶かした酸化ケイ素(これに他の酸化物も加えます)を回転させ、ノズルからファイバーを引き出して作ります。酸化物と添加物が違うとグラスファイバーの性質も異なります。たとえばフェノールは耐火性を高め、脆性(もろさ)を低減します(ただし強度も落ちます)。グラスファイバーは強靱で耐食性に優れ、温度の変化にも強い性質を持っています。通常は織ったものをエマルジョンバインダーでマット状に固め、原材料やパッチ補修に利用します。マットはポリエステル樹脂または工ポキシ樹脂と合わせてからバインダーを溶かし、型にファイバーを添わせて成形するのが一般的な使い方です。液状のポリエステルおよび工ポキシ樹脂は現場で調合しますが(垂直面でも)垂れません。乾燥すると多少透明感が出ます。充填剤か全属バウダー、顔料を加えることもあります。

用途とメンテナンス

風雨に強い性質から、池のライナーから嘖水、フェンスに至るまで、屋外で使われるメンテナンス不要のアイテムに幅広く使われています。成型が簡単で樹脂によって固まるので、グラスファイバー製バスタブ・シンク・自動車・レクリエーション用具の補修に使えますし、新たに何かを作ることも可能です。屋根の鼻隠し板やグラスファイバー製の屋根板の修理にはテープ状の製品があります。表面張りクロスは非常に目の細かいファイバーマットなので、グラスファイバーによる加工部に貼れば、ガラス繊維の粗い目を隠すことができます。

安全性と環境性

グラスファイバーと樹脂はいずれも皮膚や目に付着したり吸い込んだりすると有害なので、これらの製品には注意が必要です。日光に当たっても分解せず、リサイクルも困難です。不要になったら特別な処理で廃棄する必要があります。

仕様

マット:幅90cm、厚さは様々。表面張りクロス:幅100cm。