visual-studio - 開く - visualstudio suo 中身




Visual Studioの.suoと.userファイルをソース管理に追加する必要がありますか? (12)

.userはユーザー設定で、私は.suoがソリューションのユーザーオプションだと思います。 これらのファイルをソース管理下に置く必要はありません。 ユーザーごとに再作成されます。

Visual Studioソリューションには、2種類の隠しユーザーファイルが含まれています。 1つはバイナリファイルである.suoファイルの解決策です。 もう1つは、プロジェクトの.userファイルで、テキストファイルです。 これらのファイルには、正確にどのようなデータが含まれていますか?

私は、これらのファイルをソース管理(私の場合はSubversion)に追加すべきかどうかも疑問に思っています。 これらのファイルを追加せずに別の開発者がソリューションをチェックアウトすると、Visual Studioは自動的に新しいユーザーファイルを作成しますか?


2011年にGoogleからこの質問/回答が見つかったので、もう少し時間をかけて、Visual Studio 2010で作成された* .SDFファイルのリンクをバージョンコントロールに追加しないでくださいIDEがそれらを再作成します)。 私は* .sdfファイルが他の場所で正当な使用をするかもしれないと確信していなかったので、私はSVNの特定の[projectname] .sdfファイルを無視しました。

Visual Studio変換ウィザード2010で大規模なSDFデータベースファイルが作成されるのはなぜですか?


Visual Studioによって自動的に作成されます。 それらをソース管理に入れることはお勧めしません。 地元の開発者のSOUファイルによって、VSがその開発者ボックスで不安定に動作する原因となっていたことが何度もありました。 ファイルを削除してから、VSにそれを再作成させると、常に問題が修正されました。


msdn.microsoft.com/en-us/library/bb165909.aspxでは、

ソリューションユーザーオプション(.suo)ファイルには、ユーザーごとのソリューションオプションが含まれています。 このファイルは、ソースコードコントロールにチェックインするべきではありません

だから私はあなたのソースコントロールに物事をチェックインしている間、これらのファイルを無視するのはかなり安全だと思います。


いいえ、ソースコントロールに追加するべきではありません。

SUO(Solution User Options):ソリューションに関連付ける可能性があるすべてのオプションを記録します。そのオプションを開くごとに、カスタマイズした内容が含まれます。

.userファイルには、プロジェクトのユーザーオプションが含まれています(SUOはソリューション用です)。プロジェクトファイル名を拡張します(例:anything.csproj.userにanything.csprojプロジェクトのユーザー設定が含まれています)。


これはMicrosoftの意見であると思われる。

.suoファイルをソースコントロールに追加(および編集)する

あなたのプロジェクトがDebuggingWorkingDirectoryをsuoファイルに格納する理由はわかりません。 これがユーザー固有の設定の場合は、* .proj.userファイルにその設定を保存することを検討する必要があります。 その設定がプロジェクトで作業するすべてのユーザー間で共有可能な場合は、プロジェクトファイル自体にその設定を保存することを検討する必要があります。

ソース管理にsuoファイルを追加することも考えないでください! SUO(soluton user options)ファイルには、ユーザー固有の設定が含まれているため、同じソリューションで作業しているユーザー間で共有することはできません。 もしあなたがsccデータベースにsuoファイルを追加したいのであれば、私はIDEの中で何が壊れているのかは分かりませんが、ソース管理の観点からはWebプロジェクトの統合、Linux対インターネットプラグイン別のユーザーがVSSアクセスを行うと、sccが完全に中断することさえあります(suoファイルに格納されているVSSデータベースパスは、他のユーザーには有効でない可能性があります)。

アリンコンスタンタン(MSFT)


これらのファイルはユーザー独自のオプションであり、ソリューション自体とは独立していなければなりません。 Visual Studioは必要に応じて新しいものを作成するので、ソース管理にチェックインする必要はありません。 実際、個々の開発者が自分の環境を適切にカスタマイズできるようにするのは、そうでない方が良いでしょう。


これらを追加する必要はありません。ユーザー単位の設定が含まれており、他の開発者はコピーを必要としません。


バイナリファイル(* .suo)はコミットしませんが、.userファイルをコミットします。 .userファイルには、プロジェクトのデバッグ用の開始オプションなどが含まれています。 「デバッグ」タブのプロジェクトのプロパティで開始オプションを見つけることができます。 いくつかのプロジェクトでNUnitを使用し、nunit-gui.exeをプロジェクトの開始オプションとして設定しました。 .userファイルがなければ、各チームメンバーは個別に設定する必要があります。

お役に立てれば。


ユーザー固有のものであるため、.userファイルはソース管理できません。 これには、リモートマシンの名前と他のユーザー依存のものが含まれています。 これはvcproj関連のファイルです。

.suoファイルはsln関連のファイルで、 "ソリューションユーザーオプション"(スタートアッププロジェクト、ウィンドウ位置(ドッキングされた場所、どこに浮いているのかなど)などが含まれています)

これはバイナリファイルで、 "user related"というものが含まれているかどうかはわかりません。

当社では、これらのファイルをソース管理下に置くことはありません。


既定では、MicrosoftのVisual SourceSafeは、ユーザー固有の設定ファイルであるため、これらのファイルをソースコントロールに含めません。 ソース管理としてSVNを使用している場合、私はそのモデルに従います。


私はしません。 「ユーザー」ごとに変更できるものは、通常、ソース管理では良くありません。 .suo、.user、obj / binディレクトリ





ignore