コマンド - set-o emacs aix




set-mark-commandはC-SPCで動作しないemacs (2)

Ubuntu 14.04には、いくつかのデスクトップ環境(少なくともKDE、LXDE、 i3ではUnityには影響しません)に影響を与えるオープンなバグがあります。

"次の入力メソッド"に対するデフォルトのIBusキーバインディングはCtrl + Spaceで 、このキーの組み合わせがEmacs(または他のユーザー空間プログラム)に到達するのを防ぎます。 この問題を解決するには、 ibus-setupを実行し、「次の入力メソッド」のキーバインドを他のものに変更します(または、「...」ボタンをクリックしてから「削除」ボタンをクリックして完全に削除します)。

C-SPCがすでに動作してibus-setup Unityからibus-setupを実行すると、変更が必要なキーバインドオプションが含まれていない設定ウィンドウが表示されることに注意してください。

「次の入力方法」コマンドは、設定された入力を循環します(英語からフランス語など)。

私はC-SPCemacsinitファイルをロードしているときとロードしていないときの両方)で現在のポイントにmarkを設定できません。 しかし、 Mx set-mark-commandと、マークが適切に設定され、カーソルを移動して領域を選択することができます。 Mx apropos set-mark-command[email protected]C-SPC 2つのバインディングがMx apropos set-mark-commandますが、最初のMx apropos set-mark-commandだけが動作します。 どんな提案も感謝します。 私はKubuntu 14.04のGUI上でemacs 24.3を実行しています。


私は今日もこれまでになかった同じ問題を抱えていました。 私はWindows 7です.Ctrl + SPCは、OSの言語切り替えに縛られています。 だから、キーストロークはemacsにまったく送られません。

しかし、さらに奇妙なことは、私は新しい言語/キーボードをインストールしたことがないということです。しかし、今日の言語バーでは 'CH PRC'が言語/キーボードとして表示されます。 それはWindows 7のバグであることが判明し、私が修正するためにやらなければならなかったのは、

  • 言語バーに 'CH PRC'を追加し、保存します。
  • 言語を削除してもう一度保存してください。

私はあなたがWindows上にいないことを知っているので、修正は私と同じではないかもしれませんが、 Ctrl + SPCはOSの言語スイッチにも似ている可能性が非常に高いです。





emacs