visual-studio-2008 - visual studio code replace shortcut




Visual Studioのマッチングブレースに移動しますか? (18)

Macでは+ shift + \ コマンドを使用します。

ソース :この回答のコメント: https://stackoverflow.com/a/37877082/3345085 : https://stackoverflow.com/a/37877082/3345085 Visual Studioのコードバージョン1.10.2でテストされています。

Visual Studio 2008で閉じ括弧から開き括弧に移動する方法はありますか? 私は中括弧を強調表示についてかなりの量のものを見つけましたが、それにカーソルを移動することについては何もありません。

(この質問のVB.NET版: "If / End If"間のジャンプのキーボードショートカット )


Visual Studioのドイツ語キーボードのコードでは、 Ctrl + Shift +

しかし、正しい拡張子を持つファイルを開く必要があります。たとえば、保存されていない新しいファイルでは機能しません。


[ツール]> [オプション]> [環境]> [フォントと色]に移動し、[ブレースマッチング(長方形)]を選択し、[項目背景]を黄色に変更します。 これはC#の括弧(){}と[]で機能しました。


Visual Studio 2008を使用して、このショートカットを何にするかをカスタマイズすることができます。

メニューツール - > オプション - > 環境 - > キーボードをクリックします。 次に、 Edit.GotoBrace探します。

これにより、現在どのキーの組み合わせが割り当てられているかがわかります。 私あなたが望むならこれを変えることができると思うが、 Ctrl + ]キーが効かないと便利です。


Ctrl + Shift + ]を押すとすべてのテキストが選択されます。


なんらかの理由でこれがうまくいかない場合は、キーボードバインディングが乱れている可能性があります(それは私にとってはうまくいかなかった)。 バインディングを簡単に再有効にすることができます - 少なくとも私は思った:

私はこの手順を試した:

  • メニューのツール - > オプション - > 環境 - > キーボード
  • Edit.GotoBraceコマンドまでスクロールして検索する
  • 目的のショートカットを割り当てます(私のものは空でしたので、 Ctrl +キーを押し ます )。
  • 必ず "Assign Button"をクリックしてください。

私はそれを試して、それはまだ動作しませんでした。 私はVisual Studioを再起動しましたが、まだ動作しませんでした - それは.csファイルのみで動作しましたが、.vbファイルとテキストファイルで動作する必要があります。


スペイン語のキーボードでは、 CTRL + ¿ (またはCTRL + ¡ )です。


スペイン語(スペイン)のVS2012のキーボードは@Keithで述べたようにCtrl + ¡ですが、 Ctrl + ¿Ctrl + Shift + ¡ )を使用すると、マッチングブレースに移動して2つの中括弧内のすべてのコードを選択します他のブレースにはもう一度行くことはできません。


ドイツ語のキーボードではCtrl + 'です。


ドイツ語のキーボードではCtrl + Shift + ^です。


完全性のために、スウェーデンのキーボードではCTRL + åです。

また、私は論理的だと思いますが、 CTRL + shift + å (大文字のÅ)について言及する価値はありますが、中括弧の中のすべてを選択して一致するものに行きます。


注:#if / #elif / #endifの一致にも対応しています。 キャレットは#にある必要があります。


私のイタリア語キーボードでは、 CTRL + ^です。


私のオランダ(ベルギー)キーボードでは、 Ctrl + ^です。


私のデンマークのキーボードではCTRL + Åです。


私のフランス語キーボードでは、 CTRL + ^です。


私はあなたのためにこれを見つけました: Visual Studioの中括弧の間をジャンプ

中かっこ(あなたの選択)の前後にカーソルを置き、 CTRL + ]を押します。 これは、中括弧または丸括弧で動作します。 これからWaldoをプレイする必要はありませんか? そのブレースを見つける。


関連するビットはありますが、HTMLタグの場合:(組み込みのソリューションがないので、 Ctrl + JはHTMLタグでは機能しません:)

ここでは、焦点を合わせることを含め、私が作成したマクロ(トグル)の答えを示します。

ここにデモがあります:

そしてここにコードがあります。 楽しい!

Imports System
Imports EnvDTE
Imports EnvDTE80
Imports EnvDTE90
Imports EnvDTE90a
Imports EnvDTE100
Imports System.Diagnostics
Imports System.Windows.Forms

Public Module Module2
    Sub beginToEnd()

        'Place the cursor somewhere in the beginning tag, run the macro, to select from beginning to end tag

        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim objSel As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection
        Dim topPoint As TextPoint = objSel.TopPoint
        Dim lTopLine As Long = topPoint.Line
        objSel.GotoLine(lTopLine, False)
        '  DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine()
        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim line1 As String = DTE.ActiveDocument.Selection.Text()

        If InStr(line1, "/") Then

            ' MsgBox(line1)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ActiveDocument.Selection.EndOfLine()
            DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstText, True)
            objSel.GotoLine(lTopLine, False)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
        Else
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ActiveDocument.Selection.EndOfLine(False)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
        End If

        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim line2 As String = DTE.ActiveDocument.Selection.Text()
        Dim objSel3 As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection
        Dim topPoint3 As TextPoint = objSel3.TopPoint
        Dim lTopLine3 As Long = topPoint3.Line
        objSel.GotoLine(lTopLine3, False)
        DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstText, False)
    End Sub
End Module




curly-braces