.net - 検索 - visual studio 行コピー




お気に入りのVisual Studioキーボードショートカット (20)

あなたのお気に入りのVisual Studioキーボードショートカットは何ですか? 私はいつもキーボードに手を残して、マウスから離しているのです!

答えごとに1 お願いします。


Visual Studio 2005/2008のキーバインディングポスター:

これらはカスタマイズをカバーするものではありませんが、参考資料であり、新しいショートカットを見つけるのに役立ちます。

また、すべての現在のバインディングをHTMLファイルにダンプするマクロ:

http://www.codinghorror.com/blog/archives/000315.html


「お気に入り」が私がそれをどれだけ頻繁に使用するかによって測定される場合、

F10 :Debug.StepOver

:)


IntelliSenseドロップダウンが表示されたら、 Ctrlキーを押しながらリストを半透明にして、何が隠れているかを確認します:)



Ctrl + -と反対のCtrl + Shift + -

カーソルを最後の場所に戻す(または転送する)。 あなたがどこにいたのかを知るために、スクロールバックやPgUp / PgDownはもう必要ありません。

これはVisual Studioのウィンドウを開きます:

Ctrl + タブと反対のCtrl + Shift + タブ


Ctrl + Alt + P - >アタッチして処理する


Ctrl + F5 (デバッグなしで開始)

CTRL + SHIFT + B (ビルドソリューション)


Ctrl + K Ctrl + D //自動(再)フォーマット

関連項目: Answer


Ctrl + MOを押します。 特定のファイル内のコードのすべてのセクションを折りたたんで展開することができます。


Ctrl + Shift + F

古い古いファイルを見つける


Ctrl + Space 、Visual Studioで可能な補完が得られます。


Ctrl + ]押すと中かっこが一致します。

Ctrl + Shift + ]は 、一致するかっこの間のコードを選択します。


これを見たことがない...

Ctrl + Up

Ctrl + Down

カーソルを動かさずにウィンドウをスクロールします。


インクリメンタルサーチ - Ctrl + I

基本的には、ダイアログボックスのないダイアログボックスが表示されます。 検索したいものを入力するだけです(下のステータスバーの場所を見て、入力した内容を確認してください)。 もう一度Ctrl + Iを押すか、 F3が次のインスタンスを検索します。 Escキーを押して終了します。 Ctrl + Iを押して新しい検索を開始すると、最後の検索が2回繰り返されます。


スマートタグを展開する(メニューの解決): Ctrl + (期間)

識別子の名前を変更するなどの操作を行うときに表示されるタグを展開します。


他のエディタが取るべきもの: Ctrl + C何も選択ないで 、現在の行をコピーします。

ほとんどのエディタは何もしません。 行をコピーした後は、 たとえ行の中央にいても、行を現在の行の前に配置します 。 他のほとんどのエディタは、自分のいる場所から貼り付けを開始します。これはほとんどあなたが望むものではありません。

Ctrlキーを押しながらcキー、v キーCtrl + C キーCtrl + Vキー )を押すと 、行を複製するだけです。


現在の行を複製するにはCtrl + CCtrl + V

現在の行を削除するにはCtrl + L

Ctrl + F3を押して現在の選択を検索する

Ctrl + KCtrl + Kを押してブックマークを作成します(これは便利です)

Ctrl + KCtrl + Nを押して次のブックマークに移動します

そして、ここでさらに興味深いものがあります:
Ctrl + /を押して、コマンドを入力できるボックスにカーソルを置きます。

たとえば、 Ctrl + /を押して "> of"を入力すると、プロジェクト内のファイル名の入力が開始され、自動完成します。 これは、現在のソリューションでファイルを開くための非常に速い方法です。


私が頻繁に使うリストはここにあります:

Ctrl + I :プログレッシブ検索です。 私の後ろ何も入力せずに、 Ctrlキーを押しながらIキーを押し続ける 、検索した最後の項目が検索されます。 Ctrl + Shift +検索を逆にします。 検索文字列が入力されると、 F3 (およびShift + F3 )を使用することもできます。

Ctrl + K Ctrl + C :強調表示された領域にコメントを付ける。 強調表示されていないものがあれば、現在の行にコメントが付けられます。 当然のことながら、 Ctrlキーを押しながらKCを連続して押すことができます。

Ctrl + K Ctrl + U :強調表示された領域のコメントを解除します。 上記のように動作します。

Ctrl + / :カーソルを上にある小さな検索ボックスに移動します。 「> of filename」と入力すると (引用符は不要)、ファイルを開くことができます。 プロジェクトに複数のファイルが含まれている場合に非常に便利です。

Ctrl + K Ctrl + K :現在の行をブックマークします。 これは、コードの他の部分をしばらく見て、あなたがどこにいたのかを知りたいときに便利です。

Ctrl + K Ctrl + N :複数のブックマークがある場合は、次のブックマークに移動します。

Ctrl + - :カーソルを前の位置に移動します

Ctrl + Shift + - :次の場所にカーソルを移動します(存在する場合)

Ctrl + Shift + B :プロジェクトをビルドする

Ctrl + C :これは普通のコピーですが、何も強調表示されていなければ、現在の行をコピーします。 Ctrl + X (カット用)と同じです。

Ctrl + スペース :IntelliSenseを使用してオートコンプリート

Ctrl + ] :中括弧に移動します。 すべての種類の中かっこで動作します: '('、 '{'、 '['。

F12 :関数定義/変数定義に移動します。

Alt + P + P :プロジェクトのプロパティを開きます。 これを多く使うことはありませんが、コマンドライン引数をプログラムに素早く変更したい場合に便利です。

F5 :デバッグを開始する

Shift + F5 :デバッグを停止する

デバッグ中は、 Ctrl + Alt + Qを使用してクイックウォッチを追加できます。 その他のデバッグショートカットは、デバッグドロップダウンメニューにあります。


私にとっては、コードの自動補完、括弧のマッチング、または派手なツールパネルの表示については何もしません。 代わりに、 私はコードを見せてくれるだけです。

周囲のすべてのパネルで、実際にコードを書くために使用する領域は小さくなりすぎます。

この場合、 Shift + Alt + Enterがレスキューに入りフルスクリーンモードでコードウィンドウのフォーカスが得られます。 もう一度打つと、すべてのパネルが戻ってきた。


私のお気に入り: F12 (定義に移動)とShift + F12 (参照を見つける)。

後者はF8で便利です(次の結果に行く)。

Ctrl + -Ctrl + Shift + -はマウスの前後のボタンに割り当てられています。

Ctrl + イベントハンドラと "using"ステートメントを追加する場合にも便利です。





keyboard-shortcuts