c# - 作り方 - トークン認証とは




.NETでのなりすましの仕組み (5)

.NET空間における "偽装"とは、一般に特定のユーザーアカウントでコードを実行することを意味します。 これらの2つのアイデアは頻繁に組み合わされていますが、ユーザー名とパスワードでそのユーザーアカウントにアクセスするのとは少し別のコンセプトです。 私はそれらの両方を説明し、内部でそれらを使用するSimpleImpersonationライブラリの使い方を説明します。

偽装

偽装用のAPIは、.NETにSystem.Security.Principal名前空間を使用して提供されていSystem.Security.Principal

  • より新しいコード(.NET 4.6以降、.NET Coreなど)は、通常、 WindowsIdentity.RunImpersonated使用する必要があります.RunImpersonatedは、ユーザーアカウントのトークンのハンドルを受け取り、 ActionまたはFunc<T>を実行してコードを実行します。

    WindowsIdentity.RunImpersonated(tokenHandle, () =>
    {
        // do whatever you want as this user.
    });
    

    または

    var result = WindowsIdentity.RunImpersonated(tokenHandle, () =>
    {
        // do whatever you want as this user.
        return result;
    });
    
  • 以前のコードでは、 WindowsIdentity.Impersonateメソッドを使用してWindowsImpersonationContextオブジェクトを取得していました。 このオブジェクトはIDisposable実装しているため、一般的にはusingブロックから呼び出す必要があります。

    using (WindowsImpersonationContext context = WindowsIdentity.Impersonate(tokenHandle))
    {
        // do whatever you want as this user.
    }
    

    このAPIは.NET Frameworkにはまだ存在しますが、一般的には避け、.NET Coreまたは.NET Standardでは使用できません。

ユーザーアカウントへのアクセス

Windowsでユーザー名とパスワードを使用してユーザーアカウントにアクセスするためのAPIは、 LogonUser Win32ネイティブAPI)です。 現在のところ、呼び出すための.NET APIは組み込まれていないため、P / Invokeを使用する必要があります。

[DllImport("advapi32.dll", SetLastError = true, CharSet = CharSet.Unicode)]
internal static extern bool LogonUser(String lpszUsername, String lpszDomain, String lpszPassword, int dwLogonType, int dwLogonProvider, out IntPtr phToken);

これは基本的なコール定義ですが、実際に本番環境で使用するにはさらに多くのことが考えられます。

  • 「安全な」アクセスパターンを持つハンドルを取得する。
  • ネイティブハンドルを適切に閉じる
  • コードアクセスセキュリティ(CAS)の信頼レベル(.NET Frameworkのみ)
  • SecureString渡すと、ユーザーのキーストロークで安全に収集できます。

これをすべて説明するために書くコードの量は、StackOverflowの回答IMHOにあるべきものを超えています。

統合された、より簡単なアプローチ

これを自分で書くのではなく、偽装とユーザーアクセスを1つのAPIにまとめたSimpleImpersonationライブラリの使用を検討してSimpleImpersonation 。 これは、同じ単純なAPIを使用して、現代のコードベースと古いコードベースの両方でうまくいきます:

var credentials = new UserCredentials(domain, username, password);
Impersonation.RunAsUser(credentials, logonType, () =>
{
    // do whatever you want as this user.
}); 

または

var credentials = new UserCredentials(domain, username, password);
var result = Impersonation.RunAsUser(credentials, logonType, () =>
{
    // do whatever you want as this user.
    return something;
});

これはWindowsIdentity.RunImpersonated APIと非常によく似ていWindowsIdentity.RunImpersonated 、トークンハンドルについては何も知っておく必要はありません。

これはバージョン3.0.0以降のAPIです。 詳細は、プロジェクトのreadmeを参照してください。 また、以前のバージョンのライブラリでは、 WindowsIdentity.Impersonateに似たIDisposableパターンのAPIが使用されていました。 新しいバージョンははるかに安全で、どちらも内部的に使用されています。

.NETでユーザーを偽装する単純な方法がありますか?

これまで私はすべての偽装要件のためにコードプロジェクトからこのクラスを使用してきました。

.NET Frameworkを使用してより良い方法ができますか?

私は偽装する必要がある身元を表すユーザー資格情報セット(ユーザー名、パスワード、ドメイン名)を持っています。



マット・ジョンソンの答えのvb.netポートです。 私は、ログオンの種類の列挙型を追加しました。 LOGON32_LOGON_INTERACTIVEは、SQL Serverで最初に使用されたenum値でした。 私の接続文字列はちょうど信頼されました。 接続文字列にユーザー名/パスワードはありません。

  <PermissionSet(SecurityAction.Demand, Name:="FullTrust")> _
  Public Class Impersonation
    Implements IDisposable

    Public Enum LogonTypes
      ''' <summary>
      ''' This logon type is intended for users who will be interactively using the computer, such as a user being logged on  
      ''' by a terminal server, remote shell, or similar process.
      ''' This logon type has the additional expense of caching logon information for disconnected operations; 
      ''' therefore, it is inappropriate for some client/server applications,
      ''' such as a mail server.
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_INTERACTIVE = 2

      ''' <summary>
      ''' This logon type is intended for high performance servers to authenticate plaintext passwords.
      ''' The LogonUser function does not cache credentials for this logon type.
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_NETWORK = 3

      ''' <summary>
      ''' This logon type is intended for batch servers, where processes may be executing on behalf of a user without 
      ''' their direct intervention. This type is also for higher performance servers that process many plaintext
      ''' authentication attempts at a time, such as mail or Web servers. 
      ''' The LogonUser function does not cache credentials for this logon type.
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_BATCH = 4

      ''' <summary>
      ''' Indicates a service-type logon. The account provided must have the service privilege enabled. 
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_SERVICE = 5

      ''' <summary>
      ''' This logon type is for GINA DLLs that log on users who will be interactively using the computer. 
      ''' This logon type can generate a unique audit record that shows when the workstation was unlocked. 
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_UNLOCK = 7

      ''' <summary>
      ''' This logon type preserves the name and password in the authentication package, which allows the server to make 
      ''' connections to other network servers while impersonating the client. A server can accept plaintext credentials 
      ''' from a client, call LogonUser, verify that the user can access the system across the network, and still 
      ''' communicate with other servers.
      ''' NOTE: Windows NT:  This value is not supported. 
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_NETWORK_CLEARTEXT = 8

      ''' <summary>
      ''' This logon type allows the caller to clone its current token and specify new credentials for outbound connections.
      ''' The new logon session has the same local identifier but uses different credentials for other network connections. 
      ''' NOTE: This logon type is supported only by the LOGON32_PROVIDER_WINNT50 logon provider.
      ''' NOTE: Windows NT:  This value is not supported. 
      ''' </summary>
      LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS = 9
    End Enum

    <DllImport("advapi32.dll", SetLastError:=True, CharSet:=CharSet.Unicode)> _
    Private Shared Function LogonUser(lpszUsername As [String], lpszDomain As [String], lpszPassword As [String], dwLogonType As Integer, dwLogonProvider As Integer, ByRef phToken As SafeTokenHandle) As Boolean
    End Function

    Public Sub New(Domain As String, UserName As String, Password As String, Optional LogonType As LogonTypes = LogonTypes.LOGON32_LOGON_INTERACTIVE)
      Dim ok = LogonUser(UserName, Domain, Password, LogonType, 0, _SafeTokenHandle)
      If Not ok Then
        Dim errorCode = Marshal.GetLastWin32Error()
        Throw New ApplicationException(String.Format("Could not impersonate the elevated user.  LogonUser returned error code {0}.", errorCode))
      End If

      WindowsImpersonationContext = WindowsIdentity.Impersonate(_SafeTokenHandle.DangerousGetHandle())
    End Sub

    Private ReadOnly _SafeTokenHandle As New SafeTokenHandle
    Private ReadOnly WindowsImpersonationContext As WindowsImpersonationContext

    Public Sub Dispose() Implements System.IDisposable.Dispose
      Me.WindowsImpersonationContext.Dispose()
      Me._SafeTokenHandle.Dispose()
    End Sub

    Public NotInheritable Class SafeTokenHandle
      Inherits SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid

      <DllImport("kernel32.dll")> _
      <ReliabilityContract(Consistency.WillNotCorruptState, Cer.Success)> _
      <SuppressUnmanagedCodeSecurity()> _
      Private Shared Function CloseHandle(handle As IntPtr) As <MarshalAs(UnmanagedType.Bool)> Boolean
      End Function

      Public Sub New()
        MyBase.New(True)
      End Sub

      Protected Overrides Function ReleaseHandle() As Boolean
        Return CloseHandle(handle)
      End Function
    End Class

  End Class

実行するコードを偽装するために、 Usingステートメントで使用する必要があります。


以下に、.NET偽装の概念の概要を示します。

基本的には、.NETフレームワークのすぐに使えるクラスを活用していきます。

しかし、コードはしばしば長くなることがあります。そのため、プロセスを簡略化しようとするような参考になるような例がたくさんあります。


私はパーティーにはかなり遅れていることは承知していますが、私はフィリップ・アラン・ハーディングの図書館がこのケースやそれに類するものにとっては最高のものだと考えています。

あなたはこのようなコードを少しだけ必要とします:

private const string LOGIN = "mamy";
private const string DOMAIN = "mongo";
private const string PASSWORD = "HelloMongo2017";

private void DBConnection()
{
    using (Impersonator user = new Impersonator(LOGIN, DOMAIN, PASSWORD, LogonType.LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS, LogonProvider.LOGON32_PROVIDER_WINNT50))
    {
    }
}

彼のクラスを追加してください:

ネットワーク資格情報を使用した.NET(C#)のなりすまし

私の例は、偽装ログオンにネットワーク資格情報が必要な場合に使用できますが、より多くのオプションがあります。







impersonation