配列 - localstorage.getitem javascript




HTML5 localStorageにオブジェクトを格納する (18)

HTML5のlocalStorage JavaScriptオブジェクトを格納したいのですが、オブジェクトが文字列に変換されているようです。

私は、 localStorageを使用localStorageプリミティブなJavaScriptの型と配列を格納して取得できlocalStorageが、オブジェクトは機能していないようです。 彼らは?

ここに私のコードです:

var testObject = { 'one': 1, 'two': 2, 'three': 3 };
console.log('typeof testObject: ' + typeof testObject);
console.log('testObject properties:');
for (var prop in testObject) {
    console.log('  ' + prop + ': ' + testObject[prop]);
}

// Put the object into storage
localStorage.setItem('testObject', testObject);

// Retrieve the object from storage
var retrievedObject = localStorage.getItem('testObject');

console.log('typeof retrievedObject: ' + typeof retrievedObject);
console.log('Value of retrievedObject: ' + retrievedObject);

コンソール出力は

typeof testObject: object
testObject properties:
  one: 1
  two: 2
  three: 3
typeof retrievedObject: string
Value of retrievedObject: [object Object]

setItemメソッドは、入力を格納する前に文字列に変換しているようです。

私はSafari、Chrome、Firefoxでこの動作を見るので、ブラウザ固有のバグや制限ではなく、 HTML5 Web Storage仕様の誤解だと思います。

私は、 http://www.w3.org/TR/html5/infrastructure.html記載されている構造化クローンアルゴリズムを理解しようとしました。 私はそれが何を言っているかを完全に理解していませんが、おそらく私の問題はオブジェクトのプロパティを列挙できない(???)

簡単な回避策はありますか?

アップデート:W3Cは最終的に構造化クローン仕様について心を変え、実装に合わせて仕様を変更することに決めました。 https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=12111参照してhttps://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=12111 。 この質問はもはや100%有効ではありませんが、答えはまだ興味深いかもしれません。


Stringifyはすべての問題を解決するわけではありません

ここでの答えは、JavaScriptで可能なすべての型をカバーしていないと思われるので、正しく処理する方法の簡単な例を次に示します。

//Objects and Arrays:
    var obj = {key: "value"};
    localStorage.object = JSON.stringify(obj);  //Will ignore private members
    obj = JSON.parse(localStorage.object);
//Boolean:
    var bool = false;
    localStorage.bool = bool;
    bool = (localStorage.bool === "true");
//Numbers:
    var num = 42;
    localStorage.num = num;
    num = +localStorage.num;    //short for "num = parseFloat(localStorage.num);"
//Dates:
    var date = Date.now();
    localStorage.date = date;
    date = new Date(parseInt(localStorage.date));
//Regular expressions:
    var regex = /^No\.[\d]*$/i;     //usage example: "No.42".match(regex);
    localStorage.regex = regex;
    var components = localStorage.regex.match("^/(.*)/([a-z]*)$");
    regex = new RegExp(components[1], components[2]);
//Functions (not recommended):
    function func(){}
    localStorage.func = func;
    eval( localStorage.func );      //recreates the function with the name "func"

eval()が悪いので、関数を保存することはお勧めません 。セキュリティ、最適化、デバッグに関する問題につながる可能性があります。 一般に、JavaScriptコードではeval()を使用しないでください。

プライベートメンバー

JSON.stringify()をオブジェクトの格納に使用する際の問題は、この関数がプライベート・メンバーをシリアライズできないことです。 この問題は、 .toString()メソッドを上書きすることで解決できます(これは、Webストレージにデータを格納する際に暗黙的に呼び出されます)。

//Object with private and public members:
    function MyClass(privateContent, publicContent){
        var privateMember = privateContent || "defaultPrivateValue";
        this.publicMember = publicContent  || "defaultPublicValue";

        this.toString = function(){
            return '{"private": "' + privateMember + '", "public": "' + this.publicMember + '"}';
        };
    }
    MyClass.fromString = function(serialisedString){
        var properties = JSON.parse(serialisedString || "{}");
        return new MyClass( properties.private, properties.public );
    };
//Storing:
    var obj = new MyClass("invisible", "visible");
    localStorage.object = obj;
//Loading:
    obj = MyClass.fromString(localStorage.object);

循環参照

stringifyが対処できない別の問題は循環参照です:

var obj = {};
obj["circular"] = obj;
localStorage.object = JSON.stringify(obj);  //Fails

この例では、 JSON.stringify()"循環構造体をJSONに変換する"というTypeErrorをスローします 。 循環参照を格納する必要がある場合は、 JSON.stringify() 2番目のパラメータを使用します。

var obj = {id: 1, sub: {}};
obj.sub["circular"] = obj;
localStorage.object = JSON.stringify( obj, function( key, value) {
    if( key == 'circular') {
        return "$ref"+value.id+"$";
    } else {
        return value;
    }
});

しかし、循環参照を格納するための効率的な解決策を見つけることは、解決する必要があるタスクに大きく依存し、そのようなデータを復元することも些細なことではありません。

この問題を扱っているので、すでにいくつかの質問があります: 環状参照付きのJavaScriptオブジェクトをStringify(JSONに変換)する


@Guriaの答えの改善:

Storage.prototype.setObject = function (key, value) {
    this.setItem(key, JSON.stringify(value));
};


Storage.prototype.getObject = function (key) {
    var value = this.getItem(key);
    try {
        return JSON.parse(value);
    }
    catch(err) {
        console.log("JSON parse failed for lookup of ", key, "\n error was: ", err);
        return null;
    }
};

Typescriptユーザーが入力したプロパティを設定して取得する場合:

/**
 * Silly wrapper to be able to type the storage keys
 */
export class TypedStorage<T> {

    public removeItem(key: keyof T): void {
        localStorage.removeItem(key);
    }

    public getItem<K extends keyof T>(key: K): T[K] | null {
        const data: string | null =  localStorage.getItem(key);
        return JSON.parse(data);
    }

    public setItem<K extends keyof T>(key: K, value: T[K]): void {
        const data: string = JSON.stringify(value);
        localStorage.setItem(key, data);
    }
}

使用例

// write an interface for the storage
interface MyStore {
   age: number,
   name: string,
   address: {city:string}
}

const storage: TypedStorage<MyStore> = new TypedStorage<MyStore>();

storage.setItem("wrong key", ""); // error unknown key
storage.setItem("age", "hello"); // error, age should be number
storage.setItem("address", {city:"Here"}); // ok

const address: {city:string} = storage.getItem("address");

AppleMozillaMicrosoftドキュメントを見ると、機能は文字列のキーと値のペアのみを処理するように制限されているようです。

回避策は、オブジェクトを格納する前にオブジェクトをstringifyし、後でそのオブジェクトを取得するときに解析することです。

var testObject = { 'one': 1, 'two': 2, 'three': 3 };

// Put the object into storage
localStorage.setItem('testObject', JSON.stringify(testObject));

// Retrieve the object from storage
var retrievedObject = localStorage.getItem('testObject');

console.log('retrievedObject: ', JSON.parse(retrievedObject));

これを見て

ムービーと呼ばれる次の配列があるとします。

var movies = ["Reservoir Dogs", "Pulp Fiction", "Jackie Brown", 
              "Kill Bill", "Death Proof", "Inglourious Basterds"];

stringify関数を使用すると、ムービー配列は次の構文を使用して文字列に変換できます。

localStorage.setItem("quentinTarantino", JSON.stringify(movies));

私のデータがquentinTarantinoというキーの下に保存されていることに注目してください。

データの取得

var retrievedData = localStorage.getItem("quentinTarantino");

文字列をオブジェクトに戻すには、JSON解析関数を使用します。

var movies2 = JSON.parse(retrievedData);

あなたはmovies2のすべての配列メソッドを呼び出すことができます


ejsonを使用してオブジェクトを文字列として格納できます。

EJSONはJSONの拡張で、より多くの型をサポートします。 それはすべてのJSONセーフタイプをサポートしています:

  • 日付(JavaScript Date
  • バイナリ(JavaScript Uint8ArrayまたはUint8Arrayの結果)
  • ユーザー定義型( EJSON.addType参照してください。たとえば、 Mongo.ObjectIDはこのように実装されています)。

EJSONのシリアル化もすべて有効なJSONです。 たとえば、日付とバイナリバッファを持つオブジェクトは、EJSONで次のようにシリアライズされます。

{
  "d": {"$date": 1358205756553},
  "b": {"$binary": "c3VyZS4="}
}

ここに、ejsonを使ったlocalStorageラッパーがあります

https://github.com/UziTech/storage.js

私は正規表現と関数を含むラッパーにいくつかの型を追加しました


variantマイナーな改善:

Storage.prototype.setObject = function(key, value) {
    this.setItem(key, JSON.stringify(value));
}

Storage.prototype.getObject = function(key) {
    var value = this.getItem(key);
    return value && JSON.parse(value);
}

短絡評価のため、 keyがStorageにない場合、 getObject()直ちに null返しnull 。 また、 value"" valueJSON.parse()例外がスローされません(空の文字列、 JSON.parse()はそれを処理できません)。


あなたがより良いコントロールを持ち、JSON解析とすべてを繰り返す必要がないように、 localStorageにセッターとゲッターとしての機能を持たせる方が良いでしょう。 あなたの空の文字列キー/データケースをスムーズに処理します。

function setItemInStorage(dataKey, data){
    localStorage.setItem(dataKey, JSON.stringify(data));
}

function getItemFromStorage(dataKey){
    var data = localStorage.getItem(dataKey);
    return data? JSON.parse(data): null ;
}

setItemInStorage('user', { name:'tony stark' });
getItemFromStorage('user'); /* return {name:'tony stark'} */


オブジェクトを格納するには、文字列からオブジェクトにオブジェクトを取得するために使用できる文字を作成できます(意味をなさないかもしれません)。 例えば

var obj = {a: "lol", b: "A", c: "hello world"};
function saveObj (key){
    var j = "";
    for(var i in obj){
        j += (i+"|"+obj[i]+"~");
    }
    localStorage.setItem(key, j);
} // Saving Method
function getObj (key){
    var j = {};
    var k = localStorage.getItem(key).split("~");
    for(var l in k){
        var m = k[l].split("|");
        j[m[0]] = m[1];
    }
    return j;
}
saveObj("obj"); // undefined
getObj("obj"); // {a: "lol", b: "A", c: "hello world"}

このテクニックは、オブジェクトを分割するために使用した文字を使用すると、いくつかの不具合を引き起こします。また、非常に実験的です。


ループスルーローカルストア

var retrievedData = localStorage.getItem("MyCart");                 

retrievedData.forEach(function (item) {
   console.log(item.itemid);
});

ローカルストレージにJSONオブジェクトを使用する:

//セット

var m={name:'Hero',Title:'developer'};
localStorage.setItem('us', JSON.stringify(m));

//取得する

var gm =JSON.parse(localStorage.getItem('us'));
console.log(gm.name);

//すべてのローカルストレージキーと値の反復

for (var i = 0, len = localStorage.length; i < len; ++i) {
  console.log(localStorage.getItem(localStorage.key(i)));
}

// DELETE

localStorage.removeItem('us');
delete window.localStorage["us"];

別のオプションは、既存のプラグインを使用することです。

例えば、 persistoは、localStorage / sessionStorageへの簡単なインタフェースを提供し、フォームフィールド(入力、ラジオボタン、チェックボックス)の永続性を自動化するオープンソースプロジェクトです。

(免責事項:私は著者です。)


多くのソリューションをラップする偉大なライブラリがあるので、 jStorageという古いブラウザもサポートしています

オブジェクトを設定することができます

$.jStorage.set(key, value)

簡単に検索できます

value = $.jStorage.get(key)
value = $.jStorage.get(key, "default value")

私は20行のコードしか持たない別の最小限のラッパーを作って、次のように使用するようにしました:

localStorage.set('myKey',{a:[1,2,5], b: 'ok'});
localStorage.has('myKey');   // --> true
localStorage.get('myKey');   // --> {a:[1,2,5], b: 'ok'}
localStorage.keys();         // --> ['myKey']
localStorage.remove('myKey');

https://github.com/zevero/simpleWebstorage


私は、既存のStorageオブジェクトを壊さないものを作ったが、あなたが望むことができるようにラッパーを作成する。 結果は、通常のオブジェクトであり、メソッドはなく、オブジェクトのようにアクセスできます。

私が作ったもの

1つのlocalStorageプロパティを魔法にしたい場合:

var prop = ObjectStorage(localStorage, 'prop');

いくつか必要がある場合:

var storage = ObjectStorage(localStorage, ['prop', 'more', 'props']);

あなたがpropにするすべてのもの、またはstorage のオブジェクトは自動的にlocalStorage保存されlocalStorage 。 あなたは常に実際のオブジェクトで遊んでいるので、次のようなことができます:

storage.data.list.push('more data');
storage.another.list.splice(1, 2, {another: 'object'});

また、追跡されたオブジェクト内の新しいオブジェクトはすべて自動的に追跡されます。

非常に大きな欠点: Object.observe()依存するため、ブラウザのサポートは非​​常に限られています。 そして、すぐにFirefoxやEdgeのために来るようには見えない。


私はこの記事の複製として閉じられた別の投稿を打った後、このポストに到着しました。「ローカルストレージにアレイを格納する方法」と題されています。 いずれのスレッドも、どちらのスレッドもlocalStorageで配列を維持する方法に関して実際に完全な答えを提供していますが、どちらのスレッドにも含まれている情報に基づいて解決策を作りました。

だから他の誰かが配列内のアイテムをプッシュ/ポップ/シフトできるようにしたいのであれば、それらの配列をlocalStorageまたは実際にはsessionStorageに格納したいと思うなら、ここに行く:

Storage.prototype.getArray = function(arrayName) {
  var thisArray = [];
  var fetchArrayObject = this.getItem(arrayName);
  if (typeof fetchArrayObject !== 'undefined') {
    if (fetchArrayObject !== null) { thisArray = JSON.parse(fetchArrayObject); }
  }
  return thisArray;
}

Storage.prototype.pushArrayItem = function(arrayName,arrayItem) {
  var existingArray = this.getArray(arrayName);
  existingArray.push(arrayItem);
  this.setItem(arrayName,JSON.stringify(existingArray));
}

Storage.prototype.popArrayItem = function(arrayName) {
  var arrayItem = {};
  var existingArray = this.getArray(arrayName);
  if (existingArray.length > 0) {
    arrayItem = existingArray.pop();
    this.setItem(arrayName,JSON.stringify(existingArray));
  }
  return arrayItem;
}

Storage.prototype.shiftArrayItem = function(arrayName) {
  var arrayItem = {};
  var existingArray = this.getArray(arrayName);
  if (existingArray.length > 0) {
    arrayItem = existingArray.shift();
    this.setItem(arrayName,JSON.stringify(existingArray));
  }
  return arrayItem;
}

Storage.prototype.unshiftArrayItem = function(arrayName,arrayItem) {
  var existingArray = this.getArray(arrayName);
  existingArray.unshift(arrayItem);
  this.setItem(arrayName,JSON.stringify(existingArray));
}

Storage.prototype.deleteArray = function(arrayName) {
  this.removeItem(arrayName);
}

使用例 - 単純な文字列をlocalStorage配列に格納する:

localStorage.pushArrayItem('myArray','item one');
localStorage.pushArrayItem('myArray','item two');

使用例 - sessionStorage配列にオブジェクトを格納する:

var item1 = {}; item1.name = 'fred'; item1.age = 48;
sessionStorage.pushArrayItem('myArray',item1);

var item2 = {}; item2.name = 'dave'; item2.age = 22;
sessionStorage.pushArrayItem('myArray',item2);

配列を操作する一般的なメソッド:

.pushArrayItem(arrayName,arrayItem); -> adds an element onto end of named array
.unshiftArrayItem(arrayName,arrayItem); -> adds an element onto front of named array
.popArrayItem(arrayName); -> removes & returns last array element
.shiftArrayItem(arrayName); -> removes & returns first array element
.getArray(arrayName); -> returns entire array
.deleteArray(arrayName); -> removes entire array from storage

私はトップ投票の答えの1つを少し変更しました。 私は、必要がなければ、2つではなく1つの機能を持つファンです。

Storage.prototype.object = function(key, val) {
    if ( typeof val === "undefined" ) {
        var value = this.getItem(key);
        return value ? JSON.parse(value) : null;
    } else {
        this.setItem(key, JSON.stringify(val));
    }
}

localStorage.object("test", {a : 1}); //set value
localStorage.object("test"); //get value

また、値が設定されていない場合、 false代わりにnull返されnullfalseは意味を持ちnullが、 nullはありません。







local-storage