ios - バンドル - チームid




Xcode 7エラー:「iOS配布署名IDが見つかりません…」 (8)

アプリをiTunes Connectにアップロードしようとしました。 AppStoreで次のエラーが発生しました:

一致する署名アセットの検索または生成に失敗しました

Xcodeは、一致する署名アセットを検索または生成しようとしましたが、次の問題が原因で失敗しました。

iOSディストリビューションの署名IDが見つかりません... Xcodeが要求します。

新しい開発マシンをセットアップする前に、Xcode 7を介して古いマシンから新しいマシンに開発者アカウントをエクスポートしました。

これを修正するにはどうすればよいですか?


2023年に有効期限が切れる新しいApple WWDR証明書をインポートしましたが、まだ問題が発生しており、開発者証明書に無効な発行者エラーが表示されていました。

キーチェーンアクセスで、[表示]-> [期限切れの証明書を表示]に移動し、ログインキーチェーンで期限切れのWWDR証明書を強調表示して削除します。 システムキーチェーンにも同じ期限切れの証明書があったので、そこからも削除しました(重要)

期限切れの証明書をログインおよびシステムキーチェーンから削除した後、Distribution用に再度ビルドできました。


Appleは次の変更を行ったため、新しい証明書 developer.apple.comを ダウンロード してください。

証明書 更新 し、以下のスクリーンショットのように配置します。以下のスクリーンショットのキーチェーンで、システムをクリックしてから証明書をクリックします。 期限切れの証明書を削除します。 次に、上記のリンクからダウンロードしたAppleWWDRCA.cerをドラッグアンドドロップします

Apple Worldwide Developer Relations中間証明書の有効期限

顧客と開発者を保護するために、すべてのサードパーティアプリ、Apple Walletのパス、Safari拡張機能、Safariプッシュ通知、およびApp Storeの購入領収書は、信頼できる認証局によって署名される必要があります。 Apple Worldwide Developer Relations Certificate Authorityは、Appleデバイス用のソフトウェアに署名するために使用する証明書を発行し、システムがソフトウェアが意図したとおりにユーザーに配信され、変更されていないことを確認できるようにします。

Apple Worldwide Developer Relations認定中間証明書は間もなく失効し、新しいAppleウォレットパス、Safariプッシュ通知のプッシュパッケージ、および2016年2月14日以降のSafari拡張機能に署名するときに含める必要がある更新された証明書を発行しました。

ほとんどの開発者とユーザーは証明書の変更の影響を受けませんが、ベストプラクティスとして、すべての開発者が開発システムとサーバーに更新された証明書をダウンロードしてインストールすることをお勧めします。 すべてのアプリは、iOS、Mac、Apple TVのApp Storeで引き続き利用できます。

レシートの検証とリモート通知の配信にはさまざまな方法を使用できるため、実装固有の問題がないことを確認するためにサービスをテストすることをお勧めします。 領収書確認コードが証明書に関する誤った仮定を行っている場合、アプリで領収書の確認に失敗することがあります。 コードがレシート検証プログラミングガイドに準拠していることを確認し、2016年2月14日までにレシート検証の問題をすべて解決してください。


しばらく検索した後、Xcodeから開発者アカウントをエクスポートして、Xcodeを介して新しいマシンにインポートするだけでは不十分であることがわかりました。

さらに、「 Apple World Wide Developer Relations Certificate Authority 」という名前の 証明書 を、以前の開発マシンのキーチェーンから新しいもののキーチェーンにコピーする必要がありました。

これで問題は解決しました。


今日も同じ問題に直面しました。 次の手順で問題を修正しました。

  1. ダウンロード https://developer.apple.com/certificationauthority/AppleWWDRCA.cer
  2. ダブルクリックしてキーチェーンにインストールします。
  3. 次に、キーチェーンで、キーチェーンアプリの[表示]-> [期限切れの証明書を表示]を選択します。
  4. 有効期限が切れたすべての証明書がリストされます。
  5. 「ログイン」タブから「Apple Worldwide Developer Relations Certificate Authority証明書」を削除します
  6. また、「システム」タブからも削除します。

これで準備完了です。


古いAppleWWDRCAを削除し、AppleWWDRCAをダウンロードしてインストールし ました が、問題は残りました。 また、キーチェーンアクセスから配布および開発証明書を確認しましたが、以下のエラーが表示されます。

"This certificate has an invalid issuer."

次に、

  1. メンバーセンターで開発証明書と配布証明書の両方を取り消しました。
  2. CSRファイルを再作成し、ゼロから開発証明書と配布証明書を追加し、それらをダウンロードしてインストールしました。

この修正された証明書の問題。

古い証明書が取り消されたため、既存のプロビジョニングプロファイルは無効になります。 これを修正するには。

  1. メンバーセンターで、プロビジョニングプロファイルを開きました。
  2. 「編集」をクリックしてプロファイルの詳細を開き、リストから証明書をチェックして、「生成」ボタンをクリックしました。
  3. 開発プロファイルと配布プロファイルの両方をダウンロードしてインストールしました。

これがお役に立てば幸いです。




アップルから -

これをコミュニティに知らせていただき、あなたが抱えている問題についておaび申し上げます。 この問題は、システムとログインキーチェーンの両方に期限切れのWWDR中間証明書のコピーがあることに起因します。 この問題を解決するには、最初に(ファイルをダブルクリックして)新しい WWDR中間証明書を ダウンロードしてインストールする必要があります。 次に、キーチェーンアクセスアプリケーションで、システムキーチェーンを選択します。 [表示]メニューで[期限切れの証明書を表示]を選択してから、期限切れのApple Worldwide Developer Relations Certificate Authority Intermediate証明書(2016年2月14日に期限切れ)を削除してください。 これで、キーチェーンアクセスで証明書が有効として表示され、XcodeがApp Storeに提出できるようになります。

以下のコメントに記載されているように、有効期限が切れた証明書も login セクションから削除する必要があり login

指示にもかかわらず機能しない場合は...期限切れのWWDR証明書が2つあります。 1つはログインキーチェーンにあり、もう1つはシステムにあります。 あなたは物事を機能させるためにそれらの両方を削除する必要があります





testflight