除外 - .gitignore for Visual Studioプロジェクトとソリューション




visual studio バージョン 管理 不要 ファイル (12)

NuGetのpackages.configファイルを保持する必要がありますが、packagesフォルダを除外する必要があります。

#NuGet
packages/

私は通常、バイナリやソースから生成されたものをソース管理に格納しません。 しかし、これについては異なる意見があります。 ビルドシステムで作業が楽になったら、やってください! しかし、私はこれらの依存関係をバージョン管理していないと主張しているので、リポジトリ内の領域を占有するだけです。 バイナリを中央の場所に保存し、packages.configファイルを使用して、必要なバージョンを示すことは、より良い解決策です。

GitをVisual Studio Solutions( .sln )やProjectsと組み合わせて使用​​する場合、 .gitignoreにどのファイルを含める必要がありますか?


Visual Studio 2015 Team Explorer>ローカルGitリポジトリ>プロジェクト>設定> Git>リポジトリ設定>属性ファイルを無視します.Gitignoreファイルを追加することができます。


Visual Studioには、2015年以降のGitをすぐにサポートするため、 ショートカットがあります。 新しいソリューション(または.gitフォルダを持たないもの)では、 ソリューションエクスプローラでソース管理機能を使用します。

Add Solution to Source Control... 右クリックして、ポップアップメニューの[ Add Solution to Source Control... ]を選択します。

それは自動的に.gitリポジトリを初期化し、必要なものを.gitignoreに加え、 .gitattributesファイル(行末など)を追加します。

テキストはVSコンソールに表示されます:

A new Git repository has been created for you in C:\<path to your solution>
Commit ______ created locally in repository.

完了!


これはJens Lehmannの功績です。ソースディレクトリをコンパイラのプロジェクトファイルとは別に保存し、出力をビルドすると、.gitignoreを否定することで簡単にできます:

path/to/build/directory/*
!*.sln
!*.vcproj

あなたはどの言語を使用しているのかは言いませんが、上記はC ++プロジェクトでうまくいくはずです。


お使いのOS、IDE、言語などに基づいて.gitignoreファイルを生成するオンラインツールがあります。http://www.gitignore.io/をhttp://www.gitignore.io/

2014年8月20日、Visual Studio + Windows用に生成されたファイルを次に示します。

# Created by http://www.gitignore.io

### VisualStudio ###
## Ignore Visual Studio temporary files, build results, and
## files generated by popular Visual Studio add-ons.

# User-specific files
*.suo
*.user
*.sln.docstates

# Build results
[Dd]ebug/
[Dd]ebugPublic/
[Rr]elease/
[Rr]eleases/
x64/
x86/
build/
bld/
[Bb]in/
[Oo]bj/

# Roslyn cache directories
*.ide/

# MSTest test Results
[Tt]est[Rr]esult*/
[Bb]uild[Ll]og.*

#NUNIT
*.VisualState.xml
TestResult.xml

# Build Results of an ATL Project
[Dd]ebugPS/
[Rr]eleasePS/
dlldata.c

*_i.c
*_p.c
*_i.h
*.ilk
*.meta
*.obj
*.pch
*.pdb
*.pgc
*.pgd
*.rsp
*.sbr
*.tlb
*.tli
*.tlh
*.tmp
*.tmp_proj
*.log
*.vspscc
*.vssscc
.builds
*.pidb
*.svclog
*.scc

# Chutzpah Test files
_Chutzpah*

# Visual C++ cache files
ipch/
*.aps
*.ncb
*.opensdf
*.sdf
*.cachefile

# Visual Studio profiler
*.psess
*.vsp
*.vspx

# TFS 2012 Local Workspace
$tf/

# Guidance Automation Toolkit
*.gpState

# ReSharper is a .NET coding add-in
_ReSharper*/
*.[Rr]e[Ss]harper
*.DotSettings.user

# JustCode is a .NET coding addin-in
.JustCode

# TeamCity is a build add-in
_TeamCity*

# DotCover is a Code Coverage Tool
*.dotCover

# NCrunch
_NCrunch_*
.*crunch*.local.xml

# MightyMoose
*.mm.*
AutoTest.Net/

# Web workbench (sass)
.sass-cache/

# Installshield output folder
[Ee]xpress/

# DocProject is a documentation generator add-in
DocProject/buildhelp/
DocProject/Help/*.HxT
DocProject/Help/*.HxC
DocProject/Help/*.hhc
DocProject/Help/*.hhk
DocProject/Help/*.hhp
DocProject/Help/Html2
DocProject/Help/html

# Click-Once directory
publish/

# Publish Web Output
*.[Pp]ublish.xml
*.azurePubxml
# TODO: Comment the next line if you want to checkin your web deploy settings 
# but database connection strings (with potential passwords) will be unencrypted
*.pubxml
*.publishproj

# NuGet Packages
*.nupkg
# The packages folder can be ignored because of Package Restore
**/packages/*
# except build/, which is used as an MSBuild target.
!**/packages/build/
# If using the old MSBuild-Integrated Package Restore, uncomment this:
#!**/packages/repositories.config

# Windows Azure Build Output
csx/
*.build.csdef

# Windows Store app package directory
AppPackages/

# Others
sql/
*.Cache
ClientBin/
[Ss]tyle[Cc]op.*
~$*
*~
*.dbmdl
*.dbproj.schemaview
*.pfx
*.publishsettings
node_modules/

# RIA/Silverlight projects
Generated_Code/

# Backup & report files from converting an old project file
# to a newer Visual Studio version. Backup files are not needed,
# because we have git ;-)
_UpgradeReport_Files/
Backup*/
UpgradeLog*.XML
UpgradeLog*.htm

# SQL Server files
*.mdf
*.ldf

# Business Intelligence projects
*.rdl.data
*.bim.layout
*.bim_*.settings

# Microsoft Fakes
FakesAssemblies/


### Windows ###
# Windows image file caches
Thumbs.db
ehthumbs.db

# Folder config file
Desktop.ini

# Recycle Bin used on file shares
$RECYCLE.BIN/

# Windows Installer files
*.cab
*.msi
*.msm
*.msp

ここで私の.gitignoreファイル用の.NETプロジェクト使用しているものがあります。

[Oo]bj/
[Bb]in/
*.suo
*.user
/TestResults
*.vspscc
*.vssscc

これは、ビルトインのVisual Studioテスターを使用するすべてのMSアプローチと、そこにいくつかのTFSバインディングを持つプロジェクトです。




私が取り組んでいる最近のプロジェクトの.gitignoreからの.gitignoreです。 私は、コンパイルの出力を含め、Visual Studioに関連していると思われるものを抽出しました。 それはクロスプラットフォームプロジェクトなので、他のビルドシステムで作成されたファイルに対しては、他にもさまざまな無視ルールがあります。

*.dll
*.exe
*.exp
*.ilk
*.lib
*.ncb
*.log
*.pdb
*.vcproj.*.user
[Dd]ebug
[Rr]elease

おそらくこの質問はコミュニティWikiでなければならないので、どのタイプのプロジェクトでどのファイルを無視するべきかについてのコメントを含む1つのマスターリストを一緒に編集できますか?


私はC#プロジェクトに以下の.gitignoreを使用します。 必要に応じて追加のパターンが追加されます。

[Oo]bj
[Bb]in
*.user
*.suo
*.[Cc]ache
*.bak
*.ncb
*.log 
*.DS_Store
[Tt]humbs.db 
_ReSharper.*
*.resharper
Ankh.NoLoad

私はこれが古いスレッドだと知っていますが、このページを訪れる新旧のユーザーには、これらのファイルを生成できるgitignore.ioというWebサイトがあります。 ウェブサイト上に着陸すると "visualstudio"を検索して、それらのファイルを生成します。また、複数の言語/ idsで1つの文書に連結されたファイルを無視することもできます。

綺麗な。


追加されたInstallShieldは、ビルドの展開を無視します。 InstallShieldは、MicrosoftがVisual Studio Installerを巡って進めている新しい方向性なので、新しいプロジェクトすべてでこれを使用し始めました。 この追加された行は、SingleImageインストールファイルを削除します。 他のInstallShieldタイプには、DVD配布が含まれている場合があります。 これらのディレクトリ名を追加するか、[Ee] xpress /だけを使用して、InstallShield LEデプロイメントファイルがリポジトリに入らないようにすることができます。

インストーラにInstallImageをインストールしたInstall Shield LEを使用しているVS2010 C#プロジェクトの.gitignoreは次のとおりです。

#OS junk files
[Tt]humbs.db
*.DS_Store

#Visual Studio files
*.[Oo]bj
*.exe
*.pdb
*.user
*.aps
*.pch
*.vspscc
*.vssscc
*_i.c
*_p.c
*.ncb
*.suo
*.tlb
*.tlh
*.bak
*.[Cc]ache
*.ilk
*.log
*.lib
*.sbr
*.sdf
ipch/
obj/
[Bb]in
[Dd]ebug*/
[Rr]elease*/
Ankh.NoLoad

#InstallShield
[Ss]ingle[Ii]mage/
[Dd][Vv][Dd]-5/
[Ii]nterm/

#Tooling
_ReSharper*/
*.resharper
[Tt]est[Rr]esult*

#Project files
[Bb]uild/

#Subversion files
.svn

# Office Temp Files
~$*




gitignore