追加 - git リモートリポジトリ 確認




リモートのGitリポジトリのURI(URL)を変更するには? (8)

リモートURLの切り替え

ターミナルを開きます。

Istステップ: - 現在の作業ディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。

2番目のステップ: - 変更するリモートの名前を取得するために、既存のリモコンを一覧表示します。

3番目のステップ: - git remote -v

origin  https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)

origin  https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git (push)

リモートのURLをHTTPSからSSHに変更するには、git remote set-urlコマンドを使用します。

第4段階: - git remote set-url origin [email protected]:USERNAME/REPOSITORY.git

リモートURLが変更されたことを確認します。

第5ステップ: - git remote -v新しいリモートURLを確認する

origin  [email protected]:USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
origin  [email protected]:USERNAME/REPOSITORY.git (push)

私は私のハードドライブ(ローカル)にクローンしたUSBキーにレポ(起点)を持っています。 私はNASに "起源"を移動し、ここからクローンを正常にテストしました。

私は "ローカル"の設定で "発信元"のURIを変更できるかどうかを知りたいので、USBキーからではなくNASから引き出します。

今のところ、私は2つのソリューションを見ることができます:

  • すべてをusb-orignにプッシュし、NASに再度コピーします(nas-originへの新しいコミットのために多くの作業が必要になります)。

  • 新しいリモートを「ローカル」に追加し、古いリモートを削除します(私は自分の履歴を破ることを恐れます)。


  1. gitbash git remote rm originのコマンドを使って原点を削除する
  2. そして今、gitbash git remote add originを使用して新しいOriginを追加します(プロジェクトバージョンのHTTPバージョンをビットバケットにコピーします)。

TortoiseGitを使用している場合は、以下の手順に従ってください:

  1. ローカルのチェックアウトフォルダに移動し、右クリックしてTortoiseGit -> Settings移動します。
  2. 左側のペインでGit -> Remote選択します。
  3. 右ペインでorigin選択
  4. URLテキストボックスの値を、新しいリモートリポジトリの場所に変更しURL

あなたの支部とあなたのすべてのローカルコミットはそのまま残され、前と同じように作業を続けることができます。


git remote set-url {名前} {URL}

例) git remote set-url origin https://github.com/myName/GitTest.git


トラブルシューティング :

リモートを変更しようとすると、これらのエラーが発生することがあります。 そのようなリモート '[名前]'

このエラーは、変更しようとしたリモートが存在しないことを意味します。

git remote set-url sofake https://github.com/octocat/Spoon-Knife fatal:このようなリモート 'sofake'

リモート名を正しくタイプしたことを確認してください。

リファレンス: https : //help.github.com/articles/changing-a-remote-s-url/


あなたのローカルが自動的に構成されている場合は、

クローンされるリモートURL。

git remote -vを使ってチェックすることができます

あなたがそれに変更を加えたいのであれば、

git remote set-url origin https://github.io/my_repo.git

ここに、

起源 - あなたの支店

既存のブランチを上書きしたい場合は、それをまだ使用することができます。既存のブランチを上書きします...それは行いますが、

git remote remove url
and 
git remote add origin url

あなたのために...


私は働いた:

git remote set-url origin <project>

git remote -v
# View existing remotes
# origin  https://github.com/user/repo.git (fetch)
# origin  https://github.com/user/repo.git (push)

git remote set-url origin https://github.com/user/repo2.git
# Change the 'origin' remote's URL

git remote -v
# Verify new remote URL
# origin  https://github.com/user/repo2.git (fetch)
# origin  https://github.com/user/repo2.git (push)

リモートのURLを変更する





git-remote