javascript error NodeJs util.promisify は関数ではありません。




util.promisify class (8)

私はそれを実行すると、mysql関数をpromisifyしようとしていますが、コンソールにこのエラーが表示されますutil.Promisify is not a function 。 これは私のコードです:

var util=			require('util');
var mysql=          require('mysql');

var conection=mysql.createConnection({           
				host:'localhost',                   
				user:'root',                        
				password:'616897',               
				database:'proyect'                    
	});
  
  var query = util.promisify(conection.query);
  
  query(data.valida_user).then((rows)=>{
	console.log(rows);
}).catch((error)=>{
	console.log(error);
})

var query = util.promisify(mysql.query);場合も同じエラーですvar query = util.promisify(mysql.query);

私は新しいプログラミングですが、学ぼうとしています。



あなたが望むなら、あなた自身でそれを約束することができますconst promisify = f => (...args) => new Promise((a,b)=>f(...args, (err, res) => err ? b(err) : a(res)));


webpack / babel設定をしているなら、 babel-plugin-transform-util-promisify使うことができます。 それはあなたがノードのバージョン<8でutil.promisifyを使用することを可能にします。あなたがノードのバージョン> = 8をターゲットにしているが下位バージョンのために後方互換性を保ちたい場合にも非常に役に立ちます。

このプラグインは、次の2つの形式で書かれたコードを変換します。

const { promisify } = require('util');

そして

import { promisify } from 'util';

あなたの.babelrcプラグインを設定する必要があります。

{
  "plugins": [
    "transform-util-promisify"
    ],
    "presets": [
      ["env", {
        "targets": {
          "node": "current"
        }
      }]
    ]
}

プラグインはimport 、ノードのバージョン<8に対する関数宣言requireします。これはバージョン> = 8を自動的に検出し、そのような場合にはネイティブのutil.promisifyを使用します。


UtilはNode 8.x以降に含まれているので、あなたがノードを更新できるのであればそうします。


私の作業例を共有します。

はNode.jsにこのPromisified MySQLミドルウェアを使用しています

これが私のdatabase.jsです。

var mysql = require('mysql'); 

// node -v must > 8.x 
var util = require('util');


//  !!!!! for node version < 8.x only  !!!!!
// npm install util.promisify
//require('util.promisify').shim();
// -v < 8.x  has problem with async await so upgrade -v to v9.6.1 for this to work. 



// connection pool https://github.com/mysqljs/mysql   [1]
var pool = mysql.createPool({
  connectionLimit : process.env.mysql_connection_pool_Limit, // default:10
  host     : process.env.mysql_host,
  user     : process.env.mysql_user,
  password : process.env.mysql_password,
  database : process.env.mysql_database
})


// Ping database to check for common exception errors.
pool.getConnection((err, connection) => {
if (err) {
    if (err.code === 'PROTOCOL_CONNECTION_LOST') {
        console.error('Database connection was closed.')
    }
    if (err.code === 'ER_CON_COUNT_ERROR') {
        console.error('Database has too many connections.')
    }
    if (err.code === 'ECONNREFUSED') {
        console.error('Database connection was refused.')
    }
}

if (connection) connection.release()

 return
 })

// Promisify for Node.js async/await.
 pool.query = util.promisify(pool.query)



 module.exports = pool

ノードをアップグレードする必要があります-v> 8.x

awaitを使えるようにするには非同期関数を使わなければなりません。

例:

   var pool = require('./database')

  // node -v must > 8.x, --> async / await  
  router.get('/:template', async function(req, res, next) 
  {
      ...
    try {
         var _sql_rest_url = 'SELECT * FROM arcgis_viewer.rest_url WHERE id='+ _url_id;
         var rows = await pool.query(_sql_rest_url)

         _url  = rows[0].rest_url // first record, property name is 'rest_url'
         if (_center_lat   == null) {_center_lat = rows[0].center_lat  }
         if (_center_long  == null) {_center_long= rows[0].center_long }
         if (_center_zoom  == null) {_center_zoom= rows[0].center_zoom }          
         _place = rows[0].place


       } catch(err) {
                        throw new Error(err)
       }

他の人々が解決策について話していますが、これがこのエラーの別の原因です。

TypeError: promisify is not a functionというエラーメッセージもes6-promisifyれる可能es6-promisifyのあるNPMパッケージes6-promisifyがありますTypeError: promisify is not a function 。 (だからこそ、私はこの質問に答えました。)

  • es6-promisifiyのバージョン5.0.0ではconst promisify = require("es6-promisify"); それから、 result = promisify( ... );

  • バージョン6.0.0ではAPIが変更され、宣言がconst { promisify } = require("es6-promisify");


次の例はあなたにとってうまくいくはずです。

async () => {
  const connection = await (util.promisify(pool.getConnection).bind(pool))();

  const fn2 = util.promisify(connection.query).bind(connection);
  const rows = await fn2('SELECT col1, col2 FROM Users WHERE email = ?', [email]);

  connection.release();

  return rows;
}

この例では、Node.jsに標準のMySQLモジュールを使用しています。 そしてutil.promisifyはNode.jsの組み込みユーティリティです。 ノード8が使用されます。

コードは非同期関数にラップされています。 その中の最初の行のコールバック関数 'pool.getConnection'はプロミスに変換され、追加の 'await'ステートメントで即座に呼び出されます。 これはasync関数のシーケンスを作成し、関数や約束の代わりに値(接続)を返します。 次の行は、 'conection.query'についても同じですが、単純にするためにコードを2つのステートメントに分割しています。 最後に、この関数は他の同期関数と同じようにクエリの結果を返します。


これはpromisifyの実装です。

var promisify = function(fn) {
  return function(){
    var args = [].slice.apply(arguments);
    return new Promise(
      function(resolve,reject){
        fn.apply(
          null,
          args.concat([
            function(){
              var results = [].slice.apply(arguments);
              (results[0])//first argument of callback is error
                ? reject(results[0])//reject with error
                : resolve(results.slice(1,results.length))//resolve with result(s)
            }
          ])
        )
      }
    );
  }
};

//some object that has async functions using callbacks 
// and using 'this' as invoking object
var callbackApi = {
  name:"callback api",
  age:22,
  asyncFunction:function(arg1,arg2,callback){
    setTimeout(
      function(){callback(null,arg1,arg2,this.name,this.age);}.bind(this),
      10
    )
  }
}

//my object that will use the api functions with promisify
//  and using 'this' as invoking object
var myObject = {
  connection:"connection",
  doSomething:function(arg){
    var asyncFnAsPromise = 
      //make sure to bind asyncFunction to callbackApi
      promisify(callbackApi.asyncFunction.bind(callbackApi));
    //return promise created with result promisified callback api
    return asyncFnAsPromise(this.connection,arg)
  }
}

myObject.doSomething(44)
.then(
  resolve=>console.log("resolve:",resolve)
);





node.js