java 使い方 - forループごとに反復可能な選択をラップするためのEclipseテンプレート




1 Answers

QuickFix(Win / Linの場合はCtrl+1 、Macの場合はCmd+1 )を使用します。

次の方法で目的の動作を実現できます。

  1. 繰り返し可能なコレクションを返すステートメントを書きます。例えば

    someObject.getSomeList()
  2. Ctrl+1 (Macの場合はCmd+1 )を押しAssign statement to a new local variableを選択しAssign statement to a new local variable (このアクションには直接組み合わせ(Macの場合はCmd + 2 L)もあります)。それはおそらくあなたがどれだけ多くの異なる組み合わせを覚えておきたいかに依存します。

  3. 以上書くな

    fore

    そしてCtrl+1Cmd+1 )をもう一度押し、それからIterate over an array or iterable (クイックフィックスメニューが表示された直後にEnterキーを押すだけで十分です)を選ぶと、こうなるでしょう:

    for (Content content : someList) {
    
    }

ローカル変数の使用法をインライン化して、再度削除することもできます(もちろんQuickFixを使用)。 QuickFixは本当に強力です。その機能が公開されて以来、私はテンプレートを使用したことがほとんどありません。

バージョン インストールできない

Iterableを選択し、Alt + Shift + Zを押して "Surround With"コンテキストメニューを表示し、foreachwrapテンプレートを表示して、適切なフォーマットで各ループの選択を囲みます。

例えば、私は選択したい

someObject.getSomeList()

そしてこれを生成する

for (SomeListType someListType : someObject.getSomeList()) {

}

私はこのようなことを試しましたが、うまくいかないようです。

for( ${t:elemType(ls)} ${:name(t)} : ${ls:line_selection} )
{
    ${cursor}
}



Related

java eclipse

Tags

java   eclipse