string 部分一致 文字列に Bash のサブストリングが含まれているかどうかを確認する方法




シェルスクリプト 部分一致 (17)

私はifステートメントの使用についてはわかりませんが、caseステートメントでも同様の効果が得られます。

case "$string" in 
  *foo*)
    # Do stuff
    ;;
esac

私はバッシュに文字列を持っています:

string="My string"

別の文字列が含まれているかどうかをテストする方法はありますか

if [ $string ?? 'foo' ]; then
  echo "It's there!"
fi

どこ?? 私の未知のオペレータです。 echoとgrepを使用しますか?

if echo "$string" | grep 'foo'; then
  echo "It's there!"
fi

それは少し不器用に見えます。


私はこの関数を使用します(1つの依存関係は含まれていませんが、明白です)。 以下のテストに合格します。 関数が値> 0を返した場合、文字列が見つかりました。 代わりに1または0を簡単に返すこともできます。

function str_instr {
   # Return position of ```str``` within ```string```.
   # >>> str_instr "str" "string"
   # str: String to search for.
   # string: String to search.
   typeset str string x
   # Behavior here is not the same in bash vs ksh unless we escape special characters.
   str="$(str_escape_special_characters "${1}")"
   string="${2}"
   x="${string%%$str*}"
   if [[ "${x}" != "${string}" ]]; then
      echo "${#x} + 1" | bc -l
   else
      echo 0
   fi
}

function test_str_instr {
   str_instr "(" "'[email protected] (dev,web)'" | assert_eq 11
   str_instr ")" "'[email protected] (dev,web)'" | assert_eq 19
   str_instr "[" "'[email protected] [dev,web]'" | assert_eq 11
   str_instr "]" "'[email protected] [dev,web]'" | assert_eq 19
   str_instr "a" "abc" | assert_eq 1
   str_instr "z" "abc" | assert_eq 0
   str_instr "Eggs" "Green Eggs And Ham" | assert_eq 7
   str_instr "a" "" | assert_eq 0
   str_instr "" "" | assert_eq 0
   str_instr " " "Green Eggs" | assert_eq 6
   str_instr " " " Green "  | assert_eq 1
}

1つは:

[ $(expr $mystring : ".*${search}.*") -ne 0 ] && echo 'yes' ||  echo 'no'

oobashを試してみましょう。これはbash 4用のOOスタイルの文字列ライブラリです。ドイツ語のウムラウトをサポートしています。 それはbashで書かれています。 -base64Encode-capitalize-center-charAt-concat-count-endsWith-equals-equalsIgnoreCase-reverse-hashCode-indexOf-isAlnum-indexOf-isAlnum-isAlpha-isAlpha-isAscii-isDigit-isEmpty-isHexDigit-isLowerCase-isSpace-isPrintable-isUpperCase-isVisible-lastIndexOf-length-replaceAll-replaceFirst-startsWith-substring-swapCase-toLowerCase-toString-toUpperCase-trim 、および-zfillます。

以下の例を見てください:

[Desktop]$ String a testXccc                                                  
[Desktop]$ a.contains tX                   
true                                                           
[Desktop]$ a.contains XtX      
false      

oobashはSourceforge.netから入手できます


これはどう:

text="   <tag>bmnmn</tag>  "
if [[ "$text" =~ "<tag>" ]]; then
   echo "matched"
else
   echo "not matched"
fi

二重大括弧を使用する場合は、case文の外でMarcusの答え(*ワイルドカード)も使用できます。

string='My long string'
if [[ $string == *"My long"* ]]; then
  echo "It's there!"
fi

ニードルストリングのスペースは二重引用符で囲む必要があり、 *ワイルドカードは外側にする必要があることに注意してください。


[[ $string == *foo* ]] && echo "It's there" || echo "Couldn't find"

互換性のある回答

Bash特有の機能を使ってすでに多くの答えが得られているので、 busyboxような機能の劣ったシェルで動作する方法があります。

[ -z "${string##*$reqsubstr*}" ]

実際には、これは次のようになります。

string='echo "My string"'
for reqsubstr in 'o "M' 'alt' 'str';do
  if [ -z "${string##*$reqsubstr*}" ] ;then
      echo "String '$string' contain substring: '$reqsubstr'."
    else
      echo "String '$string' don't contain substring: '$reqsubstr'."
    fi
  done

これは、 bash 、 dash 、 ksh 、およびash (ビジーボックス)の下でテストされ、結果は常にです:

String 'echo "My string"' contain substring: 'o "M'.
String 'echo "My string"' don't contain substring: 'alt'.
String 'echo "My string"' contain substring: 'str'.

一つの関数

@EeroAaltonenの質問によれば、同じデモ版があり、同じシェルでテストされています。

myfunc() {
    reqsubstr="$1"
    shift
    string="[email protected]"
    if [ -z "${string##*$reqsubstr*}" ] ;then
        echo "String '$string' contain substring: '$reqsubstr'.";
      else
        echo "String '$string' don't contain substring: '$reqsubstr'." 
    fi
}

次に:

$ myfunc 'o "M' 'echo "My String"'
String 'echo "My String"' contain substring 'o "M'.

$ myfunc 'alt' 'echo "My String"'
String 'echo "My String"' don't contain substring 'alt'.

注意:引用符や二重引用符をエスケープしたり、二重引用符で囲んだりする必要があります。

$ myfunc 'o "M' echo "My String"
String 'echo My String' don't contain substring: 'o "M'.

$ myfunc 'o "M' echo \"My String\"
String 'echo "My String"' contain substring: 'o "M'.

シンプルな関数

これはbusybox 、 dash 、そしてもちろんbash下でテストされbusybox :

stringContain() { [ -z "${2##*$1*}" ]; }

それはみんなです!

それから今:

$ if stringContain 'o "M3' 'echo "My String"';then echo yes;else echo no;fi
no
$ if stringContain 'o "M' 'echo "My String"';then echo yes;else echo no;fi
yes

...または提出された文字列が@Sjlverが指すように空である場合、関数は次のようになります。

stringContain() { [ -z "${2##*$1*}" ] && [ -z "$1" -o -n "$2" ]; }

またはAdrianGünterのコメントで示唆されているように、 -o switcheを避ける:

stringContain() { [ -z "${2##*$1*}" ] && { [ -z "$1" ] || [ -n "$2" ] ;} ; }

空の文字列の場合:

$ if stringContain '' ''; then echo yes; else echo no; fi
yes
$ if stringContain 'o "M' ''; then echo yes; else echo no; fi
no

Bash4 +の例。 注:引用符を使用しないと、単語にスペースなどが含まれていると問題が発生します。常にbash IMOで引用してください。

BASH4 +の例をいくつか紹介します:

例1、文字列で 'yes'をチェックする(大文字小文字を区別しない):

    if [[ "${str,,}" == *"yes"* ]] ;then

例2、文字列で 'yes'をチェックする(大文字小文字を区別しない):

    if [[ "$(echo "$str" | tr '[:upper:]' '[:lower:]')" == *"yes"* ]] ;then

例3、文字列で 'yes'をチェックする(大文字と小文字を区別する):

     if [[ "${str}" == *"yes"* ]] ;then

例4、文字列で 'yes'をチェックする(大文字と小文字を区別する):

     if [[ "${str}" =~ "yes" ]] ;then

例5、完全一致(大文字と小文字を区別):

     if [[ "${str}" == "yes" ]] ;then

例6、完全一致(大文字小文字を区別しない):

     if [[ "${str,,}" == "yes" ]] ;then

例7、完全一致:

     if [ "$a" = "$b" ] ;then

楽しい。


このスタックオーバーフローの答えは、スペースとダッシュの文字をトラップする唯一の答えでした:

# For null cmd arguments checking   
to_check=' -t'
space_n_dash_chars=' -'
[[ $to_check == *"$space_n_dash_chars"* ]] && echo found

これも動作します:

if printf -- '%s' "$haystack" | egrep -q -- "$needle"
then
  printf "Found needle in haystack"
fi

否定的なテストは次のとおりです。

if ! printf -- '%s' "$haystack" | egrep -q -- "$needle"
then
  echo "Did not find needle in haystack"
fi

このスタイルはもう少し古典的だと思います.Bashシェルの機能にはあまり依存しません。

--引数は純粋なPOSIXのパラノイアで、 -- --abc-aなどのオプションに似た入力文字列から保護するために使用されます。

注意:タイトなループでは、このコードは内部のBashシェル機能を使用するよりもはるかに遅くなります.1つ(または2つ)の別々のプロセスが作成され、パイプ経由で接続されるためです。


シェルスクリプティングは、言語のほうが少なく、より多くのコマンドを集めたものです。 本質的に、あなたはこの "言語"があなたに[または[[ 。 両方とも、成功または失敗を示す終了ステータスを返すコマンドです(他のすべてのコマンドと同様)。 その理由のために、私はgrep使い、 [コマンドではありません。

ちょうど:

if grep -q foo <<<"$string"; then
    echo "It's there"
fi

今度は、それに続くコマンドの終了ステータスをテストする(セミコロンで完了) ifを考えています。 あなたがテストしている文字列のソースを再考してみませんか?

## Instead of this
filetype="$(file -b "$1")"
if grep -q "tar archive" <<<"$filetype"; then
#...

## Simply do this
if file -b "$1" | grep -q "tar archive"; then
#...

-qオプションを指定すると、grepには何も出力されません。戻りコードが必要なだけです。 <<<シェルは、次の単語を展開してコマンドの入力として使用します。これは<< hereのドキュメントの1行バージョンです(これが標準かどうかはわかりません)。


私はsedが好きです。

substr="foo"
nonsub="$(echo "$string" | sed "s/$substr//")"
hassub=0 ; [ "$string" != "$nonsub" ] && hassub=1

編集、ロジック:

  • sedを使用して、文字列から部分文字列のインスタンスを削除する

  • 新しい文字列が古い文字列と異なる場合、部分文字列が存在する


受け入れられた答えは最高ですが、それを実行する方法が複数あるので、別の解決方法があります:

if [ "$string" != "${string/foo/}" ]; then
    echo "It's there!"
fi

${var/search/replace}$varで、 searchの最初のインスタンスはreplaceで置き換えられます(見つかった場合、 $varは変更されません)。 fooを何も置き換えようとせず、文字列が変更された場合、明らかにfooが見つかりました。


完全一致:

string='My long string'
exactSearch='long'

if grep -E -q "\b${exactSearch}\b" <<<${string} >/dev/null 2>&1
  then
    echo "It's there"
  fi

だから、質問にはたくさんの便利な解決策がありますが、最も速い/最小のリソースを使用していますか?

このフレームを使用してテストを繰り返した:

/usr/bin/time bash -c 'a=two;b=onetwothree; x=100000; while [ $x -gt 0 ]; do TEST ; x=$(($x-1)); done'

毎回TESTを交換する:

[[ $b =~ $a ]]           2.92user 0.06system 0:02.99elapsed 99%CPU

[ "${b/$a//}" = "$b" ]   3.16user 0.07system 0:03.25elapsed 99%CPU

[[ $b == *$a* ]]         1.85user 0.04system 0:01.90elapsed 99%CPU

case $b in *$a):;;esac   1.80user 0.02system 0:01.83elapsed 99%CPU

doContain $a $b          4.27user 0.11system 0:04.41elapsed 99%CPU

(doContainはF.ホウリの答えにあった)

そして笑い声のために:

echo $b|grep -q $a       12.68user 30.86system 3:42.40elapsed 19%CPU !ouch!

したがって、単純な代替オプションは、拡張テストであろうと事件であろうと、予選勝利をもたらす。 ケースは持ち運び可能です。

100000 grepsまでの配管は、予想通り苦痛です! 必要のない外部ユーティリティを使用するという古いルールが当てはまります。


パウロがパフォーマンスの比較で述べたように、

if echo "abcdefg" | grep -q "bcdef"; then
    echo "String contains is true."
else
    echo "String contains is not true."
fi

これはPOSIXに準拠しています。たとえば、 "case" $ string "in"という答えがMarcusによって提供されていますが、case文の答えよりも少し読みやすくなっています。 また、Paulが指摘したように、case文を使うよりもはるかに遅くなることに注意してください。ループ内で使用しないでください。





substring