画面 - Androidエミュレータのディスプレイをどのように回転させるのですか?




matsu player 横 画面 (16)

Androidエミュレータのディスプレイを回転させて風景モードで表示するにはどうすればよいですか?


Androidの設定で[自動回転]が有効になっていることを確認します

2秒未満でF9を 2回押す=通常ビュー0/360°

2秒未満でF10を 2回押す= 180°回転します。

2秒未満でF11を 2回押します。= RiGHTに90°回転します。

2秒未満でF12を 2回押す=左に90度回転します。


Linux Mint 15のDELL XPS ultrabookでは、外部キーボードが接続されてCtrl + NUMPAD 9を使用するまで、推奨される方法はありません。


Mac OS Xでは、キーボードを「標準のファンクションキーとしてすべてのF1、F2などのキーを使用する」ように設定していない場合は、 Ctrl + Fn + F12キーを使用してAndroidエミュレータを回転できます(システム環境設定 - キーボード)。

上記のオプションをチェックした場合は、 Fnキーは不要で、 Ctrl + F12キーでのみエミュレータを回転させることができます。


Macでは、 fn + Left control + F12を使用できます。


Macの場合: Fn + 左Ctrl + F12

Linuxの場合: 左Ctrl + F12

エミュレータではなく、画面だけを回転させたい場合: Ctrl + F10 (私はLinuxで試しました)



NUMLOCKをオフにし、 NUMLOCK 9を押してエミュレータを回転させます。


Ctrl + F11を使用します。 エミュレータが回転します。


NUMPAD 7NUMPAD 9はうまく動作します。


Numpad-9Numpad-7使ってWindowsUbuntu回転させることができます。


Windows: 左Ctrl + F12

Mac: Fn + Ctrl + F12


デバイススタートアップコンフィギュレーション - GUI経由

ランドスケープモードでデバイスを起動するには、Android仮想デバイス(AVD)マネージャーを変更します。 仮想デバイスマネージャを開き、[鉛筆の編集]をクリックします。

次に、[スタートアップのサイズと向き]で、[風景:

.. Finishをクリックします。

デバイスの起動設定 - 設定ファイル経由

これを構成する一見簡単な方法にもかかわらず、実際にはこれは私のためには機能しませんでした。 したがって、デバイスの設定ファイルを編集して、代わりにランドスケープモードで起動する方法があります。

これには、 hardware-qemui.iniファイルの幅と高さを手動で切り替える必要があります。

これを行うには、このファイルをテキストエディタで編集用に開きます。

C:\Users\<user>\.android\avd\<deviceName>.avd\hardware-qemu.ini

幅が高さよりも長くなるように、幅と高さの値を切り替えます。

hw.lcd.width = 800
hw.lcd.height = 480

AVDは現在、風景モードで起動します。 方向は、ショートカットキーで変更することができます 。


エミュレータの画面を回転するには、 Ctrl + F10キーを押します。


エミュレータを回転するには、 CTRL + F12を押します。


私はWindowsでチェックしました: Ctrl + F11Ctrl + F12の両方がAndroidシミュレータの向きを変更しようとしています。

他のショートカットキーの場合:

Eclipseツールバーで "ヘルプ - >キーアシスト.."

ここでCtrl + Shift + Lを使うこともできます。Eclipseの多くのショートカットキーが用意されています。


  • Linux: CTRL + F12
  • Mac: Fn + CTRL + F12
  • Windows: 左Ctrl + F11または左Ctrl + F12




emulation